« JFK(DVD) | トップページ | 『太陽』公開拡大 »

2006/08/25

宮城礼拝

子どものころ、函館公園には、よく行った。
幼稚園の遠足や小学校の校外学習だったり、休日に親子(といっても母子だけのことが多かったが)で出かけたりした。

その頃(だいぶ昔だけれども)には、ライオンもいたし、ヒグマ、イノシシなどもいて、大変小規模ながら、動物園のような、遊園地のような雰囲気もあった。今は、小動物(キタキツネ、ポニーや小鳥など)が、少しいるだけのとても静かな公園だ。

たしか、この公園内にあったと思うのだが、
「宮城礼拝」と刻まれた「碑」のようなものがあった。(今でもある? 未確認)

子どもだった自分は、「みやぎ? れいはい?」と読んだ。(恥)
「宮城県」と何か特別の関係が?(小学校の低学年だったのか…)

その時、母に尋ねてみた。爆笑されてしまった。
「きゅうじょうれいはい」。

意味も、少しはわかったが、「日本が戦争していた時代がある」ということが、理解できていなかったころだったのだと思う。

どうして「宮城を礼拝」するのかな? と思った記憶が、おぼろげにある。

|

« JFK(DVD) | トップページ | 『太陽』公開拡大 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

■カヌさんへ
えー? カヌさんも?(^^;)
なんのことだろう…って、思いませんでしたか?

ライオンは、可哀想でした。寒い時期が長いところですし。
おそらく、経営的にも苦しくなったのだろうと思います。だから、一代限りだったのではないでしょうか。
函館市自体、財政がたいへんだと聞いています。北海道は、どこでもだいたい「財政難」ですよね。

投稿: あかん隊 | 2006/08/25 11:56

こんにちは。
「みやぎれいはい」と読んでました。
函館公園の中に動物がいるのは知ってましたが、
昔はライオンとかもいたんだ、
寒くて耐えられなかったんでしょうかね(^^;

投稿: カヌ | 2006/08/25 11:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« JFK(DVD) | トップページ | 『太陽』公開拡大 »