« ラウレッタのアリア | トップページ | 蟻の兵隊(20060923) »

2006/09/25

A&Vフェスタを見学

200609img024_224日(日)が最終日だというので、横浜へ。
「みなとみらい」の駅も街も、ほんとに「みなとみらい」でした。お上りさんよろしく、きょろきょろしながらたどりついた会場は、ビッグサイトなどに比べると、割とこぢんまりしています。

オーディオは、初心者だし、ヴィジュアルにしても、大画面用の機材を置いたり、それを見たりできるような超余裕のスペースもそれにかける資金もないので、「うーん。すごい。あー、すごい」と思うばかりでした。

実際体験できるミニシアターのようなブースや部屋が設けてあって、ひたすら体験する、というものがほとんどです。
もちろん、オーディオファンならば、身を乗り出して説明を聞き、体験ルームで試聴する…というところでしょうか。

興味深かったいくつかの展示は、

○マルチサテライトアンテナ「ルネキュー」(住友電工)
平置きもできる衛星アンテナ
○衛星デジタルラジオ放送(MUSIC BIRD、RADI*こちらは、開発中のもの)
録音スタジオの機材から直接という高い音質で録音フリー(著作権は聴視料に含まれる)
○高音質再生可能なポータブルオーディオ(alneo=アルネオ/ビクター)
圧縮された音楽データを、よりオリジナルマスターに近づけて再生する機能で、ICレコーダー機能もついている。(SHUREのイアホンを持参していたので、確認チェック)
○ヘッドホンサラウンドアダプター(ビクター)
ヘッドホンにつないで5.1chサラウンドを再現できるアダプター(ヘッドホン自体に機能があるタイプより、持っているヘッドホンが使えるのがイイ)
○ウッドコーンスピーカーシステム(ビクター)
試作品で、ちいさくてかわいらしいものが展示されていた。
○真空管アンプとギターの材料(木材)で作ったスピーカー(トライオード)
試聴した。比較的大きな音でかけていたので、小さな音でも聞こえなくなる音などがないか、ちょっと担当の人にたずねてみたりした。

オーディオ系の方が、ヴィジュアル系より、かなり多いと思いました。視覚系は、大画面とプロジェクターなどが中心で、目立って新しい情報にはあまり触れなかったように思います。オーディオは、自分がよく知らないこともあって、いくつか試聴して、感心したりしました。携帯端末、携帯とデジタルオーディオの連携のようなものは、たいした情報はありませんでした。

オーディオマニアは、ものすごい資金を充てる…と聞いていたので、メーカーの方に以下の質問してみました。
「1本100万円もするケーブルを使わないと効果がない、といいますが、周辺のものにはどのくらいかけるのが一般的なのですか?」

メーカーの方いわく、
「持っている(購入した)オーディオ全体の価格の一割程度を、ケーブルや電源や…その他のものにかけるくらいがちょうど良いとアドバイスしています」

なるほどー。それなら、なんとかなるかも…と既に良からぬ想像を巡らせていました。

|

« ラウレッタのアリア | トップページ | 蟻の兵隊(20060923) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラウレッタのアリア | トップページ | 蟻の兵隊(20060923) »