« LOFT(20060909)初日舞台挨拶 | トップページ | 幻想に生きる親子たち(岸田 秀 著) »

2006/09/13

重力ピエロ(伊坂幸太郎 著)

200609img013_2伊坂氏の作品は、初めて読んだ。
他にも『終末のフール』は購入済みだが、未読。

いろいろと興味深い。
確かに読みやすく、登場人物の輪郭もはっきりしている。わかりやすい、といえばわかりやすい。

若い感覚を感じる。表現方法もおもしろいと思う。
読み始めて、比較的すぐに「ああ、たぶん…」と想像できてしまうあたりも、著者の計算のうちなのだろうか。

テーマも、切り口も斬新ではある。マンガチックだと感じる。読みやすさ、一晩で読破できたのは、そのせいか。
多分、若い女性に人気があるのではなかろうか…。(評判も予備知識もないが、そんな気がした)
彼の、別の作品も読むべきだろう。

少々気になる表現があったのだが、今は、こういう言い方が一般的なのか?
「スイッチを消した」(スイッチは、「消す」もの?)

|

« LOFT(20060909)初日舞台挨拶 | トップページ | 幻想に生きる親子たち(岸田 秀 著) »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

■カヌさんへ
>違う本にも脇役として出てたりして

なるほどー! そういうのは、楽しいですよね。
若い感性にぴったりくるのかも…。>自分は、すでに年寄りっぽいかも(爆)

「終末のフール」これから読むのです。(笑)

投稿: あかん隊 | 2006/09/15 22:13

こんばんは。私も読みましたよ。
文庫になったのしか読んでませんが、
伊坂幸太郎結構好きですよ。
前の本に出てた登場人物が、違う本にも脇役として
出てたりして、読めば読むほどはまるんですよ(^^;

投稿: カヌ | 2006/09/15 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LOFT(20060909)初日舞台挨拶 | トップページ | 幻想に生きる親子たち(岸田 秀 著) »