« イルマーレ(20061007) | トップページ | ザ・センチネル/陰謀の星条旗(20061007) »

2006/10/09

夜のピクニック(20061007)

200610img003(1日に4本。その3本目)

観たかった映画を観た。
原作は知らない。事前の情報も、何も知らずに観賞。

なるほど。素朴な感じのする映画だった。
はっきりとわかるシーンになる前に、ああ、このふたりは…、と気がついた。しかし、母親が、娘の友人たちにこうした話をするのだろうか? うーん。娘がいないので、わからない。

若い人向け。ティーンなら、このストーリーにシンクロできるかも。

自分は、このお話の母親より年齢が上。自分の高校時代とも、息子たちの高校時代とも、違うものを感じた。しかし、記憶中枢がイカレているので、すっかり忘れていることがあったかもしれない。

多部未華子。笑顔がとてもかわいい。前半から後半にかけての表情の変化には、目を見張る。石田卓也。彼が、「蝉しぐれ」の…。エンドロールで名前に気づくまでわからなかった。ぎこちないふたりの高校生。雰囲気が自然だった。

谷村美月といい、この多部未華子といい、若手の俳優さんにすばらしい素質を持つ人たちが出てきた。最近の邦画、とても良い作品が増えていると思う。とても楽しみだ。

夜というので、シーンも夜。ひたすら歩く…というシチュエーションも手伝って、眠気と戦いながら観た。ラスト、友情の映画なんだと思った。「ありがとう」と言った彼女の、幸福に満ちた、晴れやかな、すばらしい笑顔がとても印象的。そういえば、高校時代の友人は、いまでもずっと性別に関わりなく、友人として続いているなぁ、と思い出した。

|

« イルマーレ(20061007) | トップページ | ザ・センチネル/陰謀の星条旗(20061007) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■にゃんこさんへ
TBとコメント、早速にありがとうございます!
観ている間より、あとからじわじわ来るような映画だったような気がしてます。正直、自分も歩きたくなりました。(笑)
にゃんこさんの歩いている、という記事に思わず反応しちゃいました。さすが! 防犯対策は、なさっていらっしゃるんですね。(^^;)
首都圏エリアで、東京まで20km圏内くらいのところですから、ここでは「夜の散歩」ができたとしても、満天の星…は望むべくもなく。。。
満天の星、見ることができたら、ぜひ、ご一報ください。

投稿: あかん隊 | 2006/10/21 10:55

こんにちは
4本かぁ・・・最近やってないけど^^;;;
もしやってたらそろそろ眠気はピーク(笑)同感です。
妄想の中の靴泥棒とか、んーーー???
ってちょっと引いちゃいましたけど、猫はなぜだか
ウォーキングしてる高校生の気持ちにうまくリンクできたのか
がんばって歩き通しました。
影響で(?)夜のお散歩始めましたが、うちのほうは地方都市の住宅街
結構外套も明るいし、意外に歩いてるひとも多いので
がんばれているようです。
いちおう、痴漢(ぉ 防止の警報機付き懐中電灯持ってはいますけど(笑)
今のところ、夜空見上げて満天の星空に逢えてはいませんが
そのうち、観れたらうれしいなぁ~なんて。

投稿: にゃんこ | 2006/10/21 10:20

■たいむさんへ
>さぞかし眠気
はい。その通りです。(^^;) にわとりのように、ときどき頭を揺すってみたり…必死に、瞼を持ち上げてました。

「ありがとう」は、感謝ですね。(お礼のニュアンス)
「すみません」は、謝罪ですね。(罪を詫びるニュアンス)

「…までしてもらって、申し訳ない」というほどのことでしょうか。語感としては「ありがとう」の方が、好きですね。個人的にですけど。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/10/14 12:29

これが3本目?
上映時間の関係だとは思うのだけど、さぞかし眠気を誘ったのでは?

「ありがとう」は良かったですね。
感謝の言葉として、日本語にはちゃんと「ありがとう」があるのに、どうして「すみません」って言うのだろう?なんて常日頃から疑問に思っている私です。

4本目はまだ見ていないので、観たあとで!
しかし、「24」シリーズはどれも見ていないんですか?そっかぁ。

投稿: たいむ | 2006/10/12 19:57

■ミチさんへ(追伸)
ニフティのTB、ときどき不調らしいです。
スパム防止に、連続のTBはできないシステムになったのかもしれません。すみません。こちらからは、のちほどお送りしておきますね!

投稿: あかん隊 | 2006/10/09 23:03

■ミチさんへ
よくおわかりで…>眠気のピーク
しかも「夜の…」じゃないですか。それに「だらだら歩く」わけじゃないですか。。。もう、たいへんでした。(^^;)
時々、唐突に「お笑い系(?)」が入ってましたが、引いちゃいました。おかしくないです。多部ちゃんに支えられてたような気もします。

投稿: あかん隊 | 2006/10/09 23:01

あらら、こちらにはTBが入りませんでした(汗)
3本目ということで眠気もピークに達したのでは?(笑)
娘の学校で歩行祭があり、お手伝いを3年間したので雰囲気は良く分かっています。
歩く距離は違いますから疲労度なども違うのでしょうけれど、この映画の子供たちはちょっとチンタラしてましたねぇ。
もっと疲労感とか汗とか足が棒状態とかいろいろ感じられた方が良かったかななんて。

投稿: ミチ | 2006/10/09 14:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/12208630

この記事へのトラックバック一覧です: 夜のピクニック(20061007):

» 「夜のピクニック」:勝どき橋南詰バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}夜の勝どき橋もライトアップされてきれいだな。 {/hiyo_en2/}ちょっとピクニックでもしてみたい気分ね。 {/kaeru_en4/}高校生みたいにか。 {/hiyo_en2/}そう、「夜のピクニック」。 {/kaeru_en4/}あれは、80kmの道のりを歩くんだぜ。歩行祭という学校行事で高校生たちが夜通し歩くだけの、恩田陸の小説を原作にした映画だ。 {/hiyo_en2/}そ�... [続きを読む]

受信: 2006/10/09 12:22

» 『夜のピクニック』鑑賞! [☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!]
『夜のピクニック』鑑賞レビュー! ★       ┏━━━━━━━━━━━━━━━┓         ┏┫ ♪♪第2回本屋大賞に輝く♪♪ ┏┣┓       ┃/┳━━━━━━━━━━━━━┳\┃ :*:・ /━┛              ┗━\ :*: ベストセラー小説 待望の映画化! みんなで夜歩く ただそれだけなのに どうしてこんなに特別なんだろう いつもと同じ24時間... [続きを読む]

受信: 2006/10/13 02:46

» 夜のピクニック 著者:恩田陸 新潮文庫 [黒猫のうたた寝]
原作読みました。映画の影響で(笑)ただ歩くだけなのに・・・なんで特別なんだろう。最近散歩はじめました。かっこよく言えばウォーキング。ただ歩くのもなんなので、SDウォークマン聴きながらあ、これじゃ、高見君と同じかな?(笑)でも一人で歩くって、結構地味だし、...... [続きを読む]

受信: 2006/10/21 10:10

» 夜のピクニック [いろいろと]
主要な出演者は無名な人ばかりですが 個人的にはいい映画だったと思います。 泣くこ [続きを読む]

受信: 2006/10/21 14:31

» 「夜のピクニック」和解して80キロを完走した先にみたゴールとは・・・ [オールマイティにコメンテート]
「夜のピクニック」は1昼夜をかけて80キロを歩き通しながら人との関係を深める実際に行われている学校行事を映画化したストーリーである。80キロの長さは確かにあるけれど、それを人生と見立てたらそれほど長い道でもあるし色々な事を経験するだけに1日で何年分の経験...... [続きを読む]

受信: 2006/10/22 20:26

» 「夜のピクニック」に出かけられなかったので・・・・・(ゲスト投稿2) [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
「夜のピクニック」に 出かけられなかったbobbyshiro。 代わりにbobbyshiro 2が 参加してきたので 「僕は妹に恋をする」に続いて ゲスト投稿参加です。 (彼の記事もかなり読まれている〜) <以下、bobbyshiro2作成> 【誰でも映画を観ている間は18歳にもどれます】 CMで流れていたこのコピーを聞いて 『そのとーり!』って思いました。 この作品は回想シーンなどを除けば、 全編学校の�... [続きを読む]

受信: 2006/11/02 22:05

» 『夜のピクニック』 [京の昼寝〜♪]
みんなで夜歩く。ただそれだけなのに、どうしてこんなに特別なんだろう。 ■監督・脚本 長澤雅彦■脚本 三澤慶子                                        ■原作 恩田 陸(「夜のピクニック」新潮社刊)             ■キャスト 多部未華子、石田卓也、郭 ... [続きを読む]

受信: 2006/11/08 08:44

« イルマーレ(20061007) | トップページ | ザ・センチネル/陰謀の星条旗(20061007) »