« 「ものぐさ箸やすめ」(岸田 秀 著) | トップページ | ワールド・トレード・センター(20061007) »

2006/10/05

一徳さんの「まくしたて」について(フラガール)

今月発売の「月刊シナリオ」に掲載されていました。
東北弁は、故郷の言葉に近い部分があるのでそこそこ理解できましたが、細かい部分は、微妙だったんですね。まあ、言葉の意味は、わからなくても特に問題はなさそうなシーンでしたが。

なんと言ったのかわからなかった、というコメントを見かけたので、
以下、引用元を明示して抜粋しました。正解がわかります。

(「シナリオ」 十一月号 より)

吉本「タンコータンコーってばかにすんでねえ。このいんごったがり! わあだってぇ、こだ北国さハワイ出来んなんて信じらんにぇ、んだども、なんでかんでこしらえねごった、こん町死んじまぁ。あん娘らだって町でふんまじかっち、うぢでもこだぐりすんなって言わっち、そんでもやんねっけ、ひだもこだもねぇんだ! けむたがらっちゃって、せごかげで……にしゃ、しりもしっだぐりもしねぇでカスかだんでねぇ! ちょうろぐねえがらって、かづけんな! 何かぶっこいてみろ!」

(訳)
「頑固で無情なやつだなあ! 俺だってこんな北国にハワイが出来るなんて信じられないさ。だけどどうしても造らないことにはこの町が死んでしまうんだ。あの娘達だって町で陰口悪口言われて、家族にも下らない事をするなって言われて、それでもやらない事にはどうしようもないんだ。嫌がられても励まして。あんた何も知らないで小生意気なことを言うんじゃないよ。思いどおりに行かないからってひとのせいにするな! 何とか言ってみろ!」

引用終わり。(問題があれば、すぐに削除いたします。その場合には、コメントください)

ふー、この台詞を自然に、一気呵成にまくしたてた一徳さんは、これだけ考えてもただ者ではありますまい。

|

« 「ものぐさ箸やすめ」(岸田 秀 著) | トップページ | ワールド・トレード・センター(20061007) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

スッキリしました!
どうもありがとうございます。

しかし岸辺一徳さんは凄いですね、この台詞がスッと出てくるなんて…w


「いんごったがり」
気に入りました。

これからカラオケで中島みゆきさんの「世情」歌う時に使お。

》世の中はいつも変わっているから、「いんごったがり」だけが悲しい思いをする …《 w

投稿: フラフラおやじ | 2015/03/18 09:56

■たいむさんへ
私も北海道なんで、北の方面の方言は、なんとなくわかるんですけど、そうそう、単語がね。ニュアンスとしては、理解できても、訳して…と言われるとこまっちゃう。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2007/06/07 22:43

訳、ありがとうございましたw
「・・しんじらんにぇ。」まででしたよ、キッチリ聞き取れたのは。

私も東北弁は関西弁より馴染みがあるので、大体は想像ついていたのだけど、単語単語がね(^^;)
東北弁といってもウチは山形です。似てるけど大分違うものですね。

よって、あれほどのまくしたてはなかったけど「スイングガールズ」のときはまったく苦労知らずでしたw

投稿: たいむ | 2007/06/07 22:27

■sannkenekoさんへ
おお! リバイバルですか? もう、ですか?
この映画は、もう一度劇場で観たかったんですが。
台詞の意味より、台詞そのものが早口で、なんて言ったかな? と気になったりしました。TB、どうぞ、どうぞ!

投稿: あかん隊 | 2007/01/09 03:37

こんばんは。
リバイバルが始まったので見てきました。
あーいう風に言っていたのですから見当は付きますが、
はいはい、納得です。

>「何かぶっこいてみろ!」
の返事が「訛ってて全然わかんないんだけど。」になるわけですね。

この記事リンクさせて頂いてよろしいですか?

投稿: sannkeneko | 2007/01/06 23:31

■カヌさんへ
反射的に「切れた」状態になったのが、無理のない展開に思えましたね。(笑)
「プロのダンサー雇えば?」という言葉に反応してのことでしたが、吉本(名前もちょっとしてますかね?)さん、いっぱいいっぱいだったのが、わかりますものね。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/10/06 23:44

■悠さんへ
せご=バックアップ(背後?)
かけて=して

ほどの意味ではないかと(^^;)。

投稿: あかん隊 | 2006/10/06 23:42

こんにちは。
ありがとうございます、謎が解けました(^^;
私も気になってはいたんだけど、しゃべりもだけど
瞬間湯沸かし器のようなアクションが面白かったです。
最後は土下座する気の弱さも素敵です。

投稿: カヌ | 2006/10/06 14:10

台詞言ってみて、なんとなくわかった<「そだごど、すんでねぇ~。」
で、ちょっと、調べてきました(^_^;
ふんまじ=けなす
ちょうろぐ=満足
かずける=責任転嫁する
「こだぐり」「せごかげで」がわかんなかった^_^;
「こだぐり」こんな「ぐり」?、「せごかげで」そのせいで?とちがうか、と思ったりして。

投稿: 悠 | 2006/10/06 05:23

■ゆっこさんへ
なんも、なんも。そんでねって。(^^;)
月刊シナリオに、たまたま出てただけだべさ。

そうですよね?>「訳」の素っ気なさ。

投稿: あかん隊 | 2006/10/06 02:17

あかん隊さん、スバラシ~!!!(拍手)
一徳さんの台詞、何て言っていたのか気になってたのでした。
まったくつっかえずに、流暢に?(笑)
まくし立てていましたけど、相当練習なさったんでしょうねぇ。(^_^;)
改めて、役者さんの「すごさ」に感じ入りました。
一徳さん、お見事っ!!

しかし、標準語に訳してしまうと、味も素っ気もありませんねぇ。
うーーーーむ。(苦笑)

投稿: ゆっこ(旧snowflower_001) | 2006/10/05 23:24

■Babi Kaoruさんへ
要は「切れた」んですね。>吉本
自分にも、福島出身の友人がいますし、北国の方言には、関西弁よりなじみがあるのでだいたいのところは掴んでましたが、定期購読している「シナリオ」も今月号は、表紙が「フラガール」。季監督の対談記事も興味深いものでした。

投稿: あかん隊 | 2006/10/05 21:33

私もここの内容が気になっていたのです。
最後土下座していたから罵ったのかなぁ~と思ったりしたけど
原語(?)と翻訳があってよく理解が出来ました。
福島出身の知人に訳してもらったけど、同じような意味でした。

投稿: Babi Kaoru | 2006/10/05 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/12162018

この記事へのトラックバック一覧です: 一徳さんの「まくしたて」について(フラガール):

« 「ものぐさ箸やすめ」(岸田 秀 著) | トップページ | ワールド・トレード・センター(20061007) »