« イルマーレ<韓国版>(20061117) | トップページ | トゥモロー・ワールド(20061119) »

2006/11/20

プラダを着た悪魔(20061119)

200611img008ファッションに興味がない…というよりは、ブランドモノには興味がないので、パスしようと思っていた映画。

観賞された方のブログをのぞいていたら、案外の高評価だったので観ることにした。

可もなく不可もないと言っていい。
音楽が、とてもファッショナブルだった。

見どころが、ブランドファッションだったのなら、自分にはさっぱりわからない。名前もしらないブランドがあったりする。縁遠い存在。なぜなら、ブランドでモノを購入することはないから。気に入ったものなら、ブランドあってもなくても、気にしない。

日本では、それが「ブランド」で「高額商品」だ、というだけの理由で購入する傾向があるように思える。それこそファッション?と目を疑うような格好でも、ブランドモノを身につけていれば、優越感が味わえるのだろうか?

すり切れた靴の踵をつぶして履き、ちょっと引っ張れば足下へ落下しそうなパンツのほころびた後ろポケットから、ヴィトンの札入れをのぞかせていたりすると嘆かわしい…と思ってしまう。若い人たちは、こういう映画を観て、持ち物のパーツではなく、トータルなコーディネートを学んでみてはどうかな、とも、「悪魔の上司」に近い年齢のおばさんは考える。

外国人の体型に合わせてデザインされた服装が、日本人の体型にそのままフィットして、同じような雰囲気になるとは、ちょっと考えにくいのだが、最近は、日本でも足の長い体型の人が多くなってきているようだから、これからは、そういう意味でもグローバルに行けるのかもしれない。

個人的にみて、あのくらいで「悪魔の上司」とは言えないと思うし、「仕事」ならば当然と思える。意地悪でもなんでもない。むしろ、細々した指示を与えられなければ、動けないような部下では、いつまでたっても使い物にはならないだろう。「想像力」「気転」「インスピレーション」…フル稼働で立ち向かってこそ、厳しい現場での切磋琢磨があるはず。まあ、わがままな面もあったことは確かだけれども、それが自分のわがままだということを、この上司はちゃんと解ってやっているし、対価も与えているように見えた。

アンディが、ファッション誌の会社を辞めることにしたのも、そこでの経験と学習が実ったもの。艱難(かんなん)、汝を玉にす。

しかし、あのピンヒールでは、健康に良くないのではなかろうか…。

|

« イルマーレ<韓国版>(20061117) | トップページ | トゥモロー・ワールド(20061119) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■kossyさんへ
そうそう。音楽、良かったですねぇ! 自分もマドンナの「ヴォーグ」には感激! あれで随分、ノリがよくなりましたっけ。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/12/01 01:04

俺もあのくらいでは悪魔の上司とは言えないと思います。さすがに発売前のハリー・ポッターの件は無理っぽいけど、ここは映画としての面白さですからねぇ。
ブランドに興味がない俺でも充分に楽しめました♪
やはり音楽のおかげかな~

投稿: kossy | 2006/11/30 20:58

■ひらりんさんへ
コメントありがとうございます。
こだわらないことも、大切なことだって解っているんですけどねぇ。(^^;) PCは音無で、使っていらっしゃるのですか?
自分は、MIDIソフトも用意していて、ビデオ編集などもするので、そこそこの環境は整えたい…というのが本音です。が、本格的にやるとなると、資金的にとても無理。(汗) 衰える一方の肉体的機能の補完として、やや上質の機材(イアホン)を使っています。(爆)

投稿: あかん隊 | 2006/11/30 19:35

いつもどうもでーーーす。
「バング&オルフセン」・・・ひらりんも貰うまで知りませんでした。
デザインはカッコいいけど、イヤホンで17000円は高すぎ。
ちなみにパソコン接続のスピーカーは、たしか2000円くらいだったかなっ。
音出さないので、ほとんど使ってないしーーーーーー。
ぜーんぜん、こだわりのない、ひらりんなのでしたっ。

投稿: ひらりん | 2006/11/30 03:16

■いとっちさんへ
TBとコメント、ありがとうございます! いえいえ、お気になさらずに。>TBミス

>人間ぽくて
そうそう。確かに、そうでしたねぇ。そんな雰囲気をちゃんと配置しているあたりも良かったです。

投稿: あかん隊 | 2006/11/25 22:55

スミマセーーーン!
間違えて「トゥモロー・ワールド」にTBしちゃいました。
お手数ですが削除してくださいね。

キレイで、
音楽も良かったし、
悪魔も意外と人間ぽくて、
ブランドもファッションも???ですけど、
軽~く楽しく観てきました。

投稿: いとっち | 2006/11/25 14:10

■マダムSさんへ
大した主題はないのだと思いますね。(暴言) サクセスストーリーでもなさそうだし、人生の訓辞を述べる映画でもなさそうです。女性が男性と同レベルで仕事していくのは、たいへんだ、くらいのものでしょうか? >悠さんも仰っていますが、「女性なら家庭に幸せを望む選択もあるでしょ」のような雰囲気もあって、へそ曲がりとしては、ジェンダーを感じたりもしましたっけ。

投稿: あかん隊 | 2006/11/23 20:58

なんだか結局何がいいたいのか???な結末でした。
と言いつつ、楽しめなかったわけではないんですが・・(^^;)

投稿: マダムS | 2006/11/23 18:31

■ミチさんへ
ミランダを観に行ったようなものでした。(^^;)
エンドロールのトップの名前も、メリル・ストリープだったし。
わがままな注文も、それがかなえられそうなことを知っているような気がして、たくましいなぁって思いました(笑)。凡人の自分は、遠慮ばかりしているなって。アンディは、明るいから大丈夫でしょう。なんでも、原作者の体験がベースになっているらしいので、キャリアアップしたい若い女性たちには、良いテーマだったのではないでしょうか。

投稿: あかん隊 | 2006/11/22 19:37

こんにちは♪
楽しまれたようで良かったです!
音楽に乗せてテンポ良く進むストーリーは格好の息抜きになったのでは?
ミランダのような上司って「悪魔」だとは思えません。
たいむさんの意見と被りますが、15分以内にステーキ!とかハリポタ最新刊!という命令以外はそれほど理不尽なものではなかったはず。
彼女もまた苦労してあの地位に登りつめ、しかもいまだに努力を惜しまない人物だからとても惹かれるものがありました。
アンディはミラー紙に移りましたが、どんな職場でもきれいごとじゃ済まされないことはいっぱいあるはず。
ちゃんとやっていけるのでしょうか~?

投稿: ミチ | 2006/11/22 11:58

■悠さんへ
そうなんですよねぇ。一体どうするのが、正解なんでしょうねぇ。>女性の仕事と家庭と…
「ファッションがダサイ」と散々だった当初ですが、あれも、もしかしたら劣等感の裏返しだったかもしれないですしね。「おなごは、おなごを裏切るものでございます」って『大奥』の予告編と合わせて観てしまったりして(爆)。戦争も餓死者も絶えない、同じ地球上で、こんな贅沢なことに悩んでいるなんて、どこかの国の人たちが観たら、あきれかえってしまうかもしれませんけどねぇ。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/11/21 22:50

女性よ、栄光のためには、死ぬほど働け、そのかわり家庭の幸福はない。。。。しかし、やめて、女らしさをとりもどせば、男女、家庭の愛がほしょうされるぞってなメッセージが流れてるような気がして、やっぱりアメリカ的だよな、と(笑)。

アンディのファッションを堪能しましたんで、それは、それなりによかったですけど(^^ゞ

投稿: 悠 | 2006/11/21 20:51

■たいむさんへ
人と人との繋がり方や仕事での仲間意識のようなものは、うまく描かれていたと思いますね。自分で自分を成長させようと具体的に行動することで相手を納得させられる…よく出ていたと思います。
「言われる前に気づく」のは、「想像力」だと思うのですが、これがなかなか…。 そうですか、たいむさんにもそんな経験があったのですね。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/11/20 19:47

あかん隊さん、こんばんは~
私も、ブランドには殆ど興味がなく、ファッション一色ならスルーするつもりでした。けど見たらそうでもなくって面白かったです。

>あのくらいで「悪魔の上司」とは言えないと思うし
そうですよね。
飛行機やハリポタなどの職権乱用は悪魔的な嫌がらせだとは思うけど、仕事に関しては当たり前に感じてました。実際、私の尊敬したはるか彼方上の上司はそんな方でしたから。
けれど最近ではそいうこと全部を”パワハラ”というらしくって。。。たんなる被害妄想半分かな?と思うのですけどねw
ちょっと懐かしく思いながら楽しく鑑賞しました。

投稿: たいむ | 2006/11/20 18:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/12753189

この記事へのトラックバック一覧です: プラダを着た悪魔(20061119):

» [映画]「プラダを着た悪魔」監督デイヴィッド・フランケル at OSシネマズミント神戸。 [映画的日乗]
「マイアミ・ラブソディー」(’95)なる、ただウディ・アレンに憧れただけのような凡庸な映画で監督デビューしたフランケル監督、その後TVドラマに移行し「SEX AND THE CITY」シリーズで名を挙げ、満を持して再度映画にカムバックしたのが本作。今作もNYが舞台。ということは... [続きを読む]

受信: 2006/11/20 17:33

» 「プラダを着た悪魔」みた。 [たいむのひとりごと]
『That's all.』・・・って、まだ何も書いてないのに、おわってどうすんだよっ(^^;)サクセスストーリィであり、自分発見の物語。。。なんだろうな、これは。私には、ミランダも、アンディも、両方がとても理解が出来る感じで面白かった。(... [続きを読む]

受信: 2006/11/20 18:57

» 「プラダを着た悪魔」:南青山五丁目バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/hiyo_en2/}表参道にあるプラダのお店って、さすが外観も個性的ね。 {/kaeru_en4/}この中に悪魔が住んでいるんだな。 {/hiyo_en2/}いや、「プラダを着た悪魔」って、そういう意味じゃなくてファッション誌のやり手編集長の話なんだけど。 {/kaeru_en4/}わかってる、わかってる。メリル・ストリープという悪魔編集長にアン・ハサウェイという助手がいじめられる話なんだよな。 {/hiyo_e... [続きを読む]

受信: 2006/11/20 23:08

» プラダを着た悪魔 [そーれりぽーと]
タイトルから凄いのに、意地悪な上司役が『永遠に美しく』で嫌味なセレブ役が妙に似合っていたのに、なかなか意地悪な役を演じてくれないメリル・ストリープ。 シンデレラ役には『プリティー・プリンセス』『プリティー・プリンセス2』で同様の役を演じてハリウッドセレブの仲間入りをしたアン・ハサウェイと、観逃す手のない『プラダを着た悪魔』を観てきました。 ★★★ ゴージャス!で、超ビッチw メリル・ストリープの意地悪な上司役(ミ�... [続きを読む]

受信: 2006/11/21 20:36

» 映画「プラダを着た悪魔」 [ミチの雑記帳]
映画館にて「プラダを着た悪魔」 ローレン・ワイズバーガーの同名のベストセラー小説の映画化。 アンディ(アン・ハサウェイ)はジャーナリストを目指してNYにやってきた。オシャレに関心のない彼女は畑違いの一流ファッション誌“RUNWAY”の面接を受けて、なぜか採用になってしまう。彼女のボスはカリスマ編集長ミランダ(メリル・ストリープ)で、こき使われる悪夢の日々が始まった。 冒頭、オシャレなOLたちの出勤準備風景か�... [続きを読む]

受信: 2006/11/22 11:54

» 『プラダを着た悪魔』 [Brilliant Days ]
最近、自分に自信が持てなくなっているので、景気づけに観てきました(笑) が、しかし・・若い女の子が上司にしごかれ、一人前になるまでのサクセス・ストーリー・・と思ってたんですが・・違った!(爆) この結末だと、”ホンモノ”のキャリア・ウーマンの皆様に「ちょっ..... [続きを読む]

受信: 2006/11/23 18:32

» プラダを着た悪魔 [八ちゃんの日常空間]
本当にやりたい仕事をかなえるために、一生懸命、今を頑張るとか。認められていくようになるステップアップの話に華麗なファッション界の話がわんさかと詰め込まれていれば、女性向けと言われるのは当然だ。個人的には(男だからと言うのもあるが、)イン・ハー・シューズの...... [続きを読む]

受信: 2006/11/24 00:30

» 【劇場鑑賞129】プラダを着た悪魔(THE DEVIL WEARS PRADA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
こんな最高の職場なら、死んでもいい! こんな最悪の上司の下で、死にたくない! 恋に仕事にがんばるあなたの物語。 [続きを読む]

受信: 2006/11/24 23:20

» プラダを着た悪魔 [悠雅的生活]
それは、自分のための、自分の決断。 [続きを読む]

受信: 2006/11/25 01:47

» 『プラダを着た悪魔』 [映画館で観ましょ♪]
『 2006 映画観てきました♪ 』 のみやっち ちゃんが、 「試写会に当たったからあげるよ」と気前よく私にくれた前売り券、 …しかもアトマイザーまでくれました!…で観てきました! みやっち Thank You! 中身... [続きを読む]

受信: 2006/11/25 14:02

» プラダを着た悪魔(^_-)-☆THE DEVIL WEARS PRADA [銅版画制作の日々]
 泣きたいくらいの大失敗、自分で自分を慰めたくなる瞬間そんな経験が、きっと輝く明日を作っていくこれは恋に仕事に頑張るあなたの物語 2003年4月、20代の新人女性作家が書いた1冊の本が刊行と同時にベストセラーになった『プラダを着た悪魔』の映画化だ実際作家自身があの有名なヴォーグ誌の女性編集長のアシスタントをつとめた経験あり・・・・。実体験が多分に反映されている小説多くの若い女性たちの間で評判を呼んだそうだ ... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 23:09

» プラダを着た悪魔 [<花>の本と映画の感想]
プラダを着た悪魔 監督? デヴィッド・フランケル 出演? メリル・ストリープ? アン・ハサウェイ? エミリー・ブラント? スタンリー・トゥッチ? エイドリアン・グレニアー? トレイシー・トムズ 2006年 ? 編集の仕事がしたくて、ファッション誌「ランウェイ」の面接を... [続きを読む]

受信: 2006/11/27 20:43

» プラダを着た悪魔(映画) [ダイエットドットコム]
今日プラダを着た悪魔を観て来た。 レディースデーだったためか、ほぼ満員。 おすぎが面白いって言っていたプラダを着た悪魔だが・・・ 面白かった! 主役の若い女の子がシャネルの服を着こなして だんだんきれいになってゆくのをみて プリティーウーマンを思い出した。 女優の感じもよく似ている。 何よりも、メリル・ストリープがステキだった。 いったい歳はいくつ? プラダを着た悪魔の悪魔はメ...... [続きを読む]

受信: 2006/11/29 22:34

» ★「プラダを着た悪魔」 [ひらりん的映画ブログ]
プラダ・・・といえば、 ♪プラダの靴が欲しいの そんな君の願いを叶えるため〜 なーんて、小沢健二の曲「痛快ウキウキ通り」を思い出します。 ひらりんの18番でしたから。 [続きを読む]

受信: 2006/11/30 01:39

» プラダを着た悪魔(06・米) [no movie no life]
「That’s? all」。なんか、癖になりそう。 ファッションに興味なしのアンドレア(アン・ハサウェイ)が、イキナリ超有名ファッション雑誌の編集長ミランダ(メリル・ストリープ)の秘書に・・・。ミランダの傍若無人ぶりに振り回されつつも、ダサダサのファッションの彼女はど... [続きを読む]

受信: 2006/11/30 03:28

» 『プラダを着た悪魔』 [京の昼寝〜♪]
恋に仕事にがんばるあなたの物語。 ■監督 デビッド・フランケル■原作 ローレン・ワイズバーガー■キャスト メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント、スタンリー・トゥッチ、エイドリアン・グレニアー、サイモン・ベイカー□オフィシャルサイト  『プラダを着た悪魔』 大学を卒業したばかりのアンディ(アン・ハサウェイ)の夢は、ジ�... [続きを読む]

受信: 2006/11/30 13:00

» プラダを着た悪魔 [ネタバレ映画館]
 発売前の新作ハリー・ポッター。海賊版を売ってしまえば大儲けできるのに・・・ [続きを読む]

受信: 2006/11/30 20:58

» プラダを着た悪魔 [Akira's VOICE]
軽快に楽しく,元気が出るステップアップムービー。 [続きを読む]

受信: 2006/12/01 18:59

» プラダを着た悪魔 [まぁず、なにやってんだか]
やっと観に行けました「プラダを着た悪魔」。 数ヶ月前に予告を観たときから「これは面白そう!」と期待していた映画。 なかなか評判もよいことだし、楽しみにしてました~。 最初からグッと引き込まれる展開。ミランダ(メリル・ストリープ)が予定より早く出社するというので、「戦闘態勢につけ!」とみんながキビキビと準備する姿がかっこいい!それと対照的に服装がダメダメだというだけで「見なかったことに」されるアンディ(アン・ハサウェイ)。かわいそうなんだけど、面白かった。 「太ってる」と何度も罵倒され... [続きを読む]

受信: 2006/12/03 14:40

» 映画vol.96 『プラダを着た悪魔』 [Cold in Summer]
監督: 出演:メリル・ストープ アン・ハサウェイ 公式サイト ◇ストーリー 「記者」を目指す「アンディ」(アン・ハサウェイ)は、ファッション誌 の編集長「ミランダ」(メリル・ストープ)のアシスタントに採用される。 ...... [続きを読む]

受信: 2006/12/08 14:06

» 「プラダを着た悪魔」 [the borderland ]
この作品より、印象に残ったり、好みに合うのは他にもあるけど、最後まで気分良く観れるということに関しては、今年の鑑賞作品の中でも上位だと思う。仕事終わりのファーストディに観るのはぴったり。「SAW3」と悩んだけど正解だったと思う。 アンディ(アン・ハサウェイ)が、「みんなミランダ(メリル・ストリープ)のことを悪く言うけど、彼女が男だったら優秀な人と言われるでしょ。」と作家のクリスチャン(サイモン・ベーカー)に言うシーンは意外な感じがしました。 アメリカは実力主義だと思ってたけど、女性がキャリア... [続きを読む]

受信: 2006/12/09 23:29

» 「プラダを着た悪魔」 [Tokyo Sea Side]
オープニングからテンポが良く、コメディタッチなので観やすい☆さすがファッションも可愛いです!夢を叶える為とは言え現実は厳しく、仕事に染まれば今度は私生活に支障が出る。そんな生活の中で何が大切なのか分からなくなってしまう。仕事?オシャレ?恋?…働く女性に付き物の悩みですね。共感できます☆女の子向けの映画ですが、仕事に夢中になって周りが見えなくなるという意味では、男性にもオススメしたいです。 [:URL:] 『プラダを着た悪魔』... [続きを読む]

受信: 2006/12/16 07:40

« イルマーレ<韓国版>(20061117) | トップページ | トゥモロー・ワールド(20061119) »