« 日本がアメリカを赦す日 | トップページ | パプリカ(20061128) »

2006/11/25

サンキュー・スモーキング(20061125)

200611img012こんな映画に出逢ったのは、久々。エクセレント!
多いに笑わせてもらって、しかも、なかなか含蓄のある内容で、さらに、重要なコメントは、子どもが発するのだ。実にイイ!

「個人の選択」は、どんな場合にも「自由の証明」みたいなもので、規制されたり、強制されたりするものじゃない…そう言いたいんだということが、とてもよくわかる。ジェイソン・ライトマン監督、ご自身は、ノン・スモーカーであらせられる。

聡明な息子。真実 smart だ。でしゃばらず、それでいて肝心なところは決して外さない。脚本が巧妙で、しかもわかりやすい。テンポも音楽もすばらしく「跳ねて」いて、小気味よさが持続する。うまいなぁ、と思う。

この映画で「タバコを吸うシーン」は、どこにもない。これは、やっぱり「すごい」ことだ。唯一、タバコを吸おうとしたジョン・ウェインが、撃たれてしまう…という場面は、ある。うまいなぁ。

アーロン・エッカートという俳優さんを改めて見直してしまう。「モッズ特捜隊」の語らうシーンは、絶妙で、最高におもしろい。通常なら、見識を疑われるような内容でも、いわゆる「本音」なのだ。笑える内容でも、当人たちは、大まじめだ。大人だなぁ。

でも、一番大人だったのは、ニックの誇り。息子のジョーイだったのに相違ない。
ニックとジョーイの親子関係には、ため息が出る。それぞれが、それぞれの人格をしっかりと認め合っている。その上で、父は息子を誇りに思い。息子も父を誇らしく思っている。なんて、すてきなんだ!

妙ちくりんなアジアンテイストのシーンが、大受けだったが、あの着物姿に大笑いできるのは、日本人だから。石庭創作中の「ヒロシ」さんは、日本人には見えなかったし、着ているものも、チョゴリ風(普通、作務衣でしょう?)だったが、意図しているのか、それともやっぱりごっちゃになっているのか…。まあ、日本人だからこそ笑えるポイントが増えたってことで。大満足。

笑うのは、本当に「健康に良い」のです。

|

« 日本がアメリカを赦す日 | トップページ | パプリカ(20061128) »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■とらねこさんへ
いえいえー。Yeh! Yeh! でございます! ありがとうございます。
嬉しいデス。今時分なら、サクサクTB飛ばせますし。(爆)
あ~、もう、土曜日ですね。今日は、「硫黄島からの手紙」公開です。
ナイトショーに突撃できるか、ゆけずに塹壕に籠もることになるのか…。あ、また、脇に逸れました。すみません。
この映画、とても気に入りました。DVDになったら購入予定です。うふ。(こういうことのために働くのです)
とらねこさんは…、そうか、ブログでは、初めての年末ですね。うーん、たくさんご覧になっているから、悩むでしょうね。自分は、今年、あまり多くを観賞していないので、それほどでもないかも。
みなさんのベストテン、楽しみですねー。もちろん、とらねこさんの「初ベストテン」記事に期待します。頑張って、悩んでください。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2006/12/09 05:02

たくさんTBすみませ~ん・・・焦っ
この作品も、今度TBしようと思いつつ、TBしないで失念していました。
私もこれ、大好きでしたよ。
すっごく痛快な、テンポのいい作品でしたよねー。
この作品は、あまり悪い評判を聞かないので、安心して人にオススメできる作品て感じです♪
あかん隊さんも、今年のベスト10等の記事、書いたりしますよね?
私は初めてなんで、ドキドキします~♪
どれにしようかな~。
書いたらTBくださいね(気が早っっ・笑)

投稿: とらねこ | 2006/12/09 04:43

■カヌさんへ
お帰りなさーい! 楽しめたようで、良かったですね。「えいやっ!」って思わないとなかなか出かけられませんものね。お疲れ残さないようにしてくださいね。
この映画は、観たくてうずうずしていました。やっと銀座に行く時間ができたので。楽しくて良かったなぁって思います。

投稿: あかん隊 | 2006/11/26 18:12

こんにちは、夢の国から帰ってきました(^^;
アーロン・エッカートは、あまり好きな役者じゃ
なかったのですが、今回ははまり役でしたね。
議員とのトークバトルもう少し見たかったけど
親子の関係を描いた作品でもあり、楽しませてくれました!

投稿: カヌ | 2006/11/26 15:16

■かえるさんへ
どうもすみません。こちらこそ、忙しさにかまけておりまして。
きわどいところをつつきながらも、品性はうまく保たれていて、爽快感がありましたね。センスですね。DNAなのかしら。(笑)

投稿: あかん隊 | 2006/11/26 02:57

こんばんは。
たいへんごぶさたしておりますー。

監督自身はノンスモーカーなんですねー。
テンポのよさがホントに気持ちよかったですよね。
ベタなアメリカンジョークは苦手ですが、こういう大人な笑いを提供してもらえると嬉しくなっちゃいますー。

投稿: かえる | 2006/11/26 01:32

■カオリさんへ
いつもありがとうございます! そうそう。タバコの映画じゃないですね。予告編も観てなかったし、情報もろくにしらずにエッカートが出る、だけで観ました。楽しかったなぁ! おもしろかったなぁ! もう一回観たいな。(爆) 思わず買ったパンフレットで、監督さんは、「タバコでも、ドラッグでも、なんでもよかったんだ」って。

投稿: あかん隊 | 2006/11/26 00:54

こんばんは。シュールでスタイリッシュな映画でしたね。
タバコの映画じゃあないんだなって思いました。

投稿: カオリ | 2006/11/26 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/12821922

この記事へのトラックバック一覧です: サンキュー・スモーキング(20061125):

» 『サンキュー・スモーキング』 [映画館で観ましょ♪]
オープニングの映像・音楽、もちろん言葉や会話も良かったなぁー 最終的には親子愛の映画かな? タバコの話ですが煙草には無縁の私でも 煙たがらずに観ていられたのは喫煙シーンが無かった(記憶違いかな?)からかな... [続きを読む]

受信: 2006/11/25 22:55

» 「サンキュー・スモーキング」:竜岡門バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}東大の薬学系総合研究棟・・・か。禁煙できる薬でも開発してくれないかな。 {/hiyo_en2/}なに、言ってるのよ、あなたから煙草を取ったら何も残らないじゃない。 {/kaeru_en4/}そりゃそうだ。映画の「サンキュー・スモーキング」でも煙草を飲んでもかまわないって言ってるしな。 {/hiyo_en2/}体に悪くないなんて一言も言ってないわよ。 {/hiyo_en2/}そうだっけ? {/hiyo_en2... [続きを読む]

受信: 2006/11/25 23:31

» サンキュー・スモ-キング(06・米) [no movie no life]
予告編見て心配だった映画。面白そうだけど・・・これって、内容出しすぎじゃない? 予感的中。 「1日1200人を殺してる」タバコ業界が設立したタバコ研究所の広報部長、主任スポークスマンのニック(アーロン・エッカート)。政府のお役人に対しても得意の論舌で相手を論破す... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 00:24

» 『サンキュー・スモーキング』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY ]
痛快な諷刺エンタメ。おもしろい! 「タバコ研究アカデミー」の敏腕ロビイスト、ニック・ネイラー。やっぱりアメリカ映画はインディペンデントものが好きだな。オープニング・クレジットのタバコパッケージがオシャレでユーモラスですごくイイじゃないか。と、冒頭からそのセンスに心躍る。そして、ニックの華麗なる口八丁トークが披露され、次から次へと笑いを生む。抽象的なものが描かれるより、固有名詞が沢山登場する物語の方が断然面白みがあるんだよねー。ネタはアメリカ特有のものとはいえ、大衆的なものが多いからOK。映画ネ... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 01:27

» サンキュー・スモーキング [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
テンポよくストーリーが展開し、全体の構成もよく、楽しめました。細かいところまで作り込まれてあって作品の世界に入り込めました。 とにかく口先三寸な主人公、ニック・ネイラーは、タバコ業界のロビイスト。強いバッシングを受けるタバコ業界を護るために必死になって喋りま... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 08:25

» 『サンキュー・スモーキング』 [ラムの大通り]
----この映画、アメリカでの今年の1館当たりの興収記録を作ったんだって? タイトルからしてセンセーショナルだけど、どんな映画なの? 「主人公のニック・ネイラー(アーロン・エッカート)は タバコ業界を代表する凄腕のPRマン。 高まる嫌煙運動に対して、 魅力的なスマイルと巧みな論理のすり替えで あっという間に周りを煙に巻いてしまう。 ハリウッドのスーパー・エージェント(ロブ・ロウ)と組んで、 <映画でタバコ作戦>を展開し... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 10:08

» 「サンキュー・スモーキング」 [the borderland ]
どんどんタバコ吸って死んじまえ♪ と、こんな感じの曲とともに、タバコのパッケージをイメージしたキャスト紹介は、センスが良くて、期待感いっぱいのオープニング。議員(ウィリアム・H・メイシー)とのトークバトルがもっとあるんじゃないかと思っていたのは、少し肩すかしでしたが、主人公ニック(アーロン・エッカート)の口の上手さに引き込まれていきます。 【ネタバレです】 この作品がシニカルなだけでなく、爽やかなのは子供の存在です。 子供から疎まれたりしてる父親が観ると羨ましいと思うでしょうね(^^... [続きを読む]

受信: 2006/11/26 14:46

» 105.サンキュー・スモーキング [レザボアCATs]
知的ディベート☆エンターテイメント タバコの嫌いな人にもオススメできる本作です☆ スピード感のあるセリフの応酬、皮肉の効いた風刺。とにかく文句なく楽しめる! [続きを読む]

受信: 2006/12/09 04:45

» サンキュー・スモーキング [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
サンキュー・スモーキング 原題: Thank You for Smoking (2006) 2006年10月14日 日本初公開 公式サイト: http://www.foxjapan.com/movies/thankyouforsmoking/ 有楽町シャンテ・シネ シネ1 座席K-10 2006年12月8日(金)10時15分の回 ゴウ先生総合評価: A   画質(スコープ): A-   音質(SRD): A-   英語学習用教材度: A... [続きを読む]

受信: 2006/12/10 23:09

» 禁煙の禁断症状になやまない [禁煙禁断症状なし!]
初めまして、いつも楽しく拝見しています。このたび禁煙禁断症状なし!というサイトを作りましたのでトラックバックさせていただきました。貴ブログ訪問者である禁煙に苦しんでいる方に非常に有益な情報だと思っております。ぜひご訪問いただければ幸いです。万が一不要な場合は、お手数ですが削除してください。失礼しました。... [続きを読む]

受信: 2006/12/11 01:10

« 日本がアメリカを赦す日 | トップページ | パプリカ(20061128) »