« Dear Friends/ディア・フレンズ(20070204) | トップページ | 知らない人に「バカヤロウ」と言われる自分 »

2007/02/06

「ナイチンゲールの沈黙」「螺鈿迷宮」(海堂 尊:著)

「チームバチスタの栄光」が、とてもおもしろかったので、少し続けて読みあさった。
著者は、本業もこなしながら作品を著述なさっているのだろう。
たいへんなバイタリティに驚く。

「愚痴外来」も、存在意義を示す「ナイチンゲールの沈黙」は、まずまず。
音楽に絡めた題材、登場人物も、個性的で魅力的。
音を聞くことができない「書物」なのが、残念。設定には、多少疑問が残る。
それにしても、あの人物が犯行に及ぶだろうか。やや無理があるような気がする。

「螺鈿迷宮」も、場面を目視できない「書物」なのが残念。
読者としては、読みながら想像するわけだが、螺鈿の部屋というのは凄いだろうな、と思う。
ミステリアスで、途中で止められなくなる。「チームバチスタ」の白鳥も、氷姫も登場して、ユーモラスな雰囲気も楽しめた。病院・院長自らが、システムとしてある行為を幇助するという発想は、著者ならではのものかも。

主要な登場人物が、魅力的であることに変わりなく、それこそ「続編」を臭わせるラストに、「次はいつ?」と思わせるのは、角川書店の方針か、それとも?

単行本は、持ち歩くのはおっくうだが、文字が大きいので助かるなぁ。

|

« Dear Friends/ディア・フレンズ(20070204) | トップページ | 知らない人に「バカヤロウ」と言われる自分 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/13806656

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナイチンゲールの沈黙」「螺鈿迷宮」(海堂 尊:著):

« Dear Friends/ディア・フレンズ(20070204) | トップページ | 知らない人に「バカヤロウ」と言われる自分 »