« アンフェア the movie | トップページ | サン・ジャックへの道 »

2007/03/28

秒速5センチメートル

2007cinema0328秒速5センチメートル。

それは、桜の花びらが散る速度。

是非とも、ご覧になっていただきたい。

これは、アニメでしか描き得ない世界。

新海監督がいちばん描きたかったものを凝縮したという今作。力作です。
敢えて、何も言いますまい。

|

« アンフェア the movie | トップページ | サン・ジャックへの道 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■タオさんへ
こちらこそ、TBとコメントをありがとうございます。

絵画でもそうですが、写実に徹し、詳細・克明に対象物を描くことは、それはそれでとてもすばらしいことですし、たいへんな技術もいることだと思います。しかし、絵画の世界が写実的な絵画ばかりではないように、アニメの世界でも「デフォルメ」「超現実」といった表現が許されて良いのではないか…と思っています。

新海氏の作品で、背景に対しての人物が、詳細に描かれていないのは、むしろ意識してそういった描き方をしているように思うのです。
特定の人物として意識されないような、ただ、それが「(性別がわかり、年齢がわかるけれども)人物である」ということだけでいい、そういったスタンスを感じました。その方が、イメージの世界では、視覚的にリアルであることよりも深い印象を残せるような気もしています。

投稿: あかん隊 | 2007/04/06 20:53

あかん隊さん、こんにちは!
TB及びコメントありがとうございます。
「アニメでしか描き得ない世界」まさにその通り。
新海誠ワールドは個人的にすごく好きです。
「ほしのこえ」など旧作品もDVDでもう一度見たくなってきました。
『秒速5センチメートル』は劇場で見といて良かったと心から想いました。

投稿: タオ | 2007/04/06 13:03

■Agehaさんへ
いつもありがとうございます!
新海さんのアニメキャラは、いつもだいたいこんな感じですよね?
たぶん、キャラクタは、あまりリアルでない方が、イメージとして共感を呼びやすい…とのお考えなのかも、と考えたりしました。
確かに音響は、独白にくらべて大きかったようです。上映する劇場の音響システムによっては、違うこともあるかもしれませんが、やっぱり「背景」にうんとパワーをかけている分、神経を遣う配分がむずかしいのかもしれませんね。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2007/04/06 01:10

き~れ~い~~~の一言。空が。(オイ)
・・ってか、背景にそんだけ力いれるんやったら

とにかく、目はちゃんと書こうやって(!)
ツッコミいれてました。(スイマセンくだらんことで・・)

といいながら
胸キュンでうるうるでとにかく涙腺ボロボロでした。

シュガー&スパイスが柳樂君バージョンの「北の国から」なら
こっちはアニメ版「北の国から」(いや東京と種子島だけどさ)
って感じでしたね。
ナレーションをボソボソしゃべるのって流行ってる???

ワタクシまさやんが大好きでこのウタも大好きですので
ついついフラ~ッと見に行ったんですが
あのタイミングであの音のでかさはちょっと
ビビりました。この演出は好き嫌い分かれそうです・・・。

投稿: Ageha | 2007/04/04 17:44

■たいむさんへ
素晴らしかったですよ! カット割りが、ちょっと細かくて気になりましたけど、各シーンの映像がすごいので、少人数での制作に戻った本作では仕方ないことだったと思えます。これは、劇場の大画面で一度は観ておかないと。>嫌いな劇場でも我慢して行ってみて欲しいデス。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2007/03/29 00:09

あかん隊さん、こんばんは。
”雲のむこう、約束の場所”の新海誠監督ですね!(笑)
こちらでの上映予定は今のところ影も形もないので、また3ヶ月遅れくらいかしら?と思ってます。
嫌いな劇場でなければ、是非見たいです。

投稿: たいむ | 2007/03/28 23:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/14441241

この記事へのトラックバック一覧です: 秒速5センチメートル:

» One more time, One more Chance~「秒速5センチメートル」~ [ペパーミントの魔術師]
まさやんの「One more time,One more chance」が 主題歌に使われたとあっては 見ないわけにはいかんでしょ~。(また不純な動機) この歌に関しては以前 映画「月とキャベツ」のレビューでも触れてますので コチラにもリンクさせときますね。 「One more time One more chancc..... [続きを読む]

受信: 2007/04/04 17:45

» TAKE 51「秒速5センチメートル」 [映画回顧録〜揺さぶられる心〜]
第51回目は「秒速5センチメートル」です。 この映画は、「彼女と彼女の猫」「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」で 有名な新海誠監督の作品です。ジャパニメーションの新鋭ということで私も ずっと注目している一人です。特に監督としてだけでなく編集・脚本・演出・ 作画・美術・絵コンテ・色彩設計・音響まで自分でやってしまうというマルチな 才能を持ったクリエイターでもあります。 前作「雲のむこう、約束の場所」も観ましたが、なかなかいい作品を作ってま... [続きを読む]

受信: 2007/04/05 20:54

» 秒速5センチメートル [ネタバレ映画館]
秒速5センチメートルは時速になおすと0.18km/hだ。 [続きを読む]

受信: 2007/06/15 22:55

« アンフェア the movie | トップページ | サン・ジャックへの道 »