« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/28

秒速5センチメートル

2007cinema0328秒速5センチメートル。

それは、桜の花びらが散る速度。

是非とも、ご覧になっていただきたい。

続きを読む "秒速5センチメートル"

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2007/03/26

アンフェア the movie

申し訳ないが、駄作。

だいたい、セリフがはっきり聞き取れない。ちゃんとしゃべって欲しいと思う人が多かった。
子役の少女ですら、きちんとセリフを言っているのに。

篠原涼子のセリフ、母親としての言葉に聞こえない。
「死なないで」なんて、自分の子どもに言うのだろうか?

続きを読む "アンフェア the movie"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007/03/25

ハゲタカ(第6話)-「新しきバイアウト」 最終回

毎週末、楽しみにしていた「ハゲタカ」が、最終を迎えた。

キャストに田中泯を迎えた辺りから、急展開を迎えてゾクゾクしていたから、この最終回がとても待ち遠しかった。

原作は、「ハゲタカ(上・下)」を読み終わり、「ハゲタカⅡ(バイアウト改題の文庫 上・下)」にとりかかっている。原作をモチーフとして、よくぞこれだけ骨太のドラマに脚色したものだと感心しきり。

続きを読む "ハゲタカ(第6話)-「新しきバイアウト」 最終回"

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2007/03/24

「さくらん」と「バブルへGO」を観たんだった…

忘れそうになっていた。このところ、多忙でもあり、難題があることもあり、劇場が遠い。

続きを読む "「さくらん」と「バブルへGO」を観たんだった…"

| | コメント (6) | トラックバック (7)

2007/03/10

アルゼンチンババア(niftyの試写会にて)

くじ運も(他の運も)、決して良いとはいえないので、めったに応募しない試写会に気紛れを起こして応募したら、めずらしく当選。おかげで、先んじてこの映画を観ることができた。

観賞前に月刊「シナリオ」(4月号)でシナリオを読んでしまっていたので、ストーリーは把握していた。会場の音響が良くないのか、セリフがとても聞き取り難かったとはいえ、ほぼ掲載されていたシナリオどおりだったと思う。(原作は未読)

役所広司演ずる主人公の役は、一見に値する。堀北真希は、役によくなじんでいて感情移入するのに違和感がなかった。鈴木京香も、おそらくは象徴的な存在の役だったのだろうけれど、強烈なイメージの割に押さえた演技で好感が持てた。

続きを読む "アルゼンチンババア(niftyの試写会にて)"

| | コメント (8) | トラックバック (8)

2007/03/08

善き人のためのソナタ

「HGW XX/7 に捧ぐ」

ラストに示される、本扉にプリントされた文字。

抑圧され、暗く、救いのない、重苦しい雰囲気と登場する人物のわずかな心の動きを読み取らずにはいられないほどの緊張した時間の後、人の心、それもとても深いところにある琴線に触れる。魂を揺らしているのか、とさえ感じられる最後のシーン。

淡々と描かれるシーンと根底に流れる「深い哀しみ」。その哀しみが、完全に払拭されることはなく、難しい問題のまま、依然として残っていることがわかる。
それでも、「これは、わたしのための本だから」という言葉とその表情に、すべての思いを昇華させる主人公ヴィースラー(ウルリッヒ・ミューエ)の心中は、想像に難くない。おそらく観る人々にすばらしい共感を与えていることだろう。

続きを読む "善き人のためのソナタ"

| | コメント (16) | トラックバック (6)

2007/03/06

蒼き狼~地果て海尽きるまで

おおよその予想に違わぬ作品。

主人公とその妻のキャストを知っただけで、観る気持ちが萎えていたことは否めない。
それでも、松山ケンイチくんを観たかった。彼は、とても良かった。ジュチの、あまりにも哀しくて短い一生、その思いを考えると涙を禁じることができなかったのは事実です。こんな切ない役も、きちんと雰囲気を作ることができる松山くんに感動!(すごいひいき目)

続きを読む "蒼き狼~地果て海尽きるまで"

| | コメント (6) | トラックバック (10)

2007/03/05

ボビー(BOBBY)

ロバート・F・ケネディ上院議員が遊説先で暗殺された日、現場となったアンバサダーホテルでの群像劇、といってしまえば、それでおしまいになりそうだ。

マハトマ・ガンディー、リンカーン、ジョン・F・ケネディ、キング牧師、ジョン・レノン…。
日本でなら、坂本竜馬…?
生き残っていたら、どんなに世界が変わっただろう、と思われる人が、暗殺されている。
そういう巡り合わせなのか、運命なのか。およそ、人類が選び取っていく未来は、決して希望に満ちたものにはならない、そんな気がしてしまう。

続きを読む "ボビー(BOBBY)"

| | コメント (10) | トラックバック (9)

2007/03/03

カンバセーションズ Converdation(s)

男はズルいロマンチスト、女は罪なリアリスト とある。

まさに、その対比を分割した画面で魅せる。会話の中にも、「それは、ロマンチックだ」といったセリフがたくさん出てくる。若いころは、情熱的で、思いがけないきっかけも、まるで運命のようにさえ感じる。ロマンチックなことがすべて。恋愛と結婚は、同じレベルで考えられたりもする。甘かったり、ちょっと切なかったり。ドラマチックに思えることが多いかもしれない。

続きを読む "カンバセーションズ Converdation(s)"

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2007/03/01

その他、2月に観た映画のまとめ

★ドリームガールズ
アカデミー賞の最優秀助演女優賞に輝いたジェニファー・ハドソン。納得。
アメリカ、それもハリウッドならではの豪華なミュージカル作品。
懐かしいR&Bのリズムとファッション、ショービズの表と裏。
駆け足ですが、集中力をはぐらかすことなく魅せてくれた。

続きを読む "その他、2月に観た映画のまとめ"

| | コメント (6)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »