« 「さくらん」と「バブルへGO」を観たんだった… | トップページ | アンフェア the movie »

2007/03/25

ハゲタカ(第6話)-「新しきバイアウト」 最終回

毎週末、楽しみにしていた「ハゲタカ」が、最終を迎えた。

キャストに田中泯を迎えた辺りから、急展開を迎えてゾクゾクしていたから、この最終回がとても待ち遠しかった。

原作は、「ハゲタカ(上・下)」を読み終わり、「ハゲタカⅡ(バイアウト改題の文庫 上・下)」にとりかかっている。原作をモチーフとして、よくぞこれだけ骨太のドラマに脚色したものだと感心しきり。

すっかり、大森さんに魅了され続けた6回のドラマだった。

最終回はこれまでよりかなり早足だったようだが、結末が散々なものにならないことだけ祈りながら見た。納得の行く結末。

映像の構図、色調は、クールを通して一環していて、とても気に入った。
録画してもそれを見ている時間がないことが多いので、DVDになったら入手したい。

主人公(鷲津)の変わりようは、少しあっけないようにも感じたが、大きなアクシデントがいくつも重なっていた状況を考えれば、さほど不自然でもない。

あんなもの(カネ)は、紙切れ…という加藤(田中泯)に鷲津(大森南朋)が、

--その紙切れのために、命を絶つ人もいる。
--だから、カネを紙切れと言い捨てることは、私にはできない。
--世の中、99.9%はカネで解決する。残りの0.1%。
--たった0.1%でも、それは、カネではどうにもならない。
--その0.1%が、紙切れの意味を大きく変えることができる…

といったようなことを話す。

このドラマの中では、これまでにも良い台詞があったのだが、この会話で、「技術を認めて活かそうと、技術者を必要とするところがあれば、そこへ行くだけ」と米国企業へ行くことをほぼ決めていたはずの老年の技術者、加藤は決断する。

この後、加藤が同部署の仲間たちに話す言葉が、また、格別。

 

大森南朋。第5話までの鷲津とは、がらりと印象が違うキャラクタを見事に演じ分けていた。柴田恭兵も、自責の念にかられ、苦しむ役を非常に渋く演じていて、苦渋に満ちた表情もすばらしかったし、身体からは苦悩する風情がにじみ出ていて、芝野という人物や役柄に込められた役者魂すら香っていたように思う。

|

« 「さくらん」と「バブルへGO」を観たんだった… | トップページ | アンフェア the movie »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■たいむさんへ
いや~、実に良いドラマです。枯れないドラマだと思いますねぇ。
大絶賛です。私的には。(^^;
鳥としての「ハゲタカ」というのは、いないようです。
「ハゲワシ」ならいるのですねぇ。原作を読むとわかります。
「ハイエナ」も「ハゲワシ」も、あんまりイメージがよくありませんが、「ハゲタカ」ならなんだか格好良い。<ドラマの影響?

サブプライムローンですね。ハゲタカがいじるなら、ベネフィットがあるんでしょうか? なさそうに見える<素人。。。

投稿: あかん隊 | 2007/09/08 00:14

すっかり遅くなりましたが、やってまいりました。
(TVは全部リアルで見たのだけど)
ラストはなんとも「いいひと」路線になっちゃいましたが、”どうにもならないモノ”の話はズンときましたね。

ここ、2・3日まえの日経新聞に「ハゲタカ」の文字を見つけて、思わず飛びついちゃったのだけど、しっかり現実のお話でした。
今、株安だの円高だのと、経済界が不安定な情勢になっていますが、その発端ともいえるアメリカの住宅ローン問題に”ハゲタカ”が動き出すとか出さないとかの話で、「ハゲタカ」のおかげで記事の内容が分り「なるほど~」って思っちゃいました。
ハイエナではなく”ハゲタカ”って意外にいいネーミングかもしれません。

投稿: たいむ | 2007/09/06 21:13

■sannkenekoさんへ
良いドラマですよね? もう、今年ナンバーワン!です。
これ以上のドラマは、まず出てこないと思うな~。DVD予約で購入しました。何度も、きちんと見たい作品だと思います。

投稿: あかん隊 | 2007/09/02 02:22

残暑お見舞い申し上げます。

最終回はちょっとバタバタした感じもありますが、
それでも見応えがあるドラマでした。
2度目と言うことでようやくそれぞれの表情が見えてきたりして、
やっぱり大森南朋と田中泯に圧倒されました。

・・・DVDを買おうかと真剣に悩み始めています(^ー^;

投稿: sannkeneko | 2007/08/26 12:32

■sannkenekoさんへ
TBとコメントをありがとうございます!
そうですか。視聴率、低かったんですか…。
もったいない、こんなドラマそうそうありませんよ。ねぇ。

キャストも良かったし、脚色、脚本ともりっぱだったと思います。
大森さん、きっちり演じていて、安心して見ていられたし、感情移入できましたもの。田中泯は、存在感と空気感、まなざしの威力、すばらしかった。あー、思い出すとまた見たくなります。

投稿: あかん隊 | 2007/03/26 01:49

■negikoさんへ
こちらこそ、ご無沙汰です。
ご訪問、ありがとうございます! このところ、やや停滞気味ですが、桜も咲いたことですし、きちんと更新できるようにしたいです。どうぞよろしくお願いします。

投稿: あかん隊 | 2007/03/26 01:43

こんばんは。

大森さんに釘付けになり加藤さんに圧倒されたドラマでした。
残念ながら視聴率には恵まれなかったようですが
硬質な作りは素晴らしかったです。

投稿: sannkeneko | 2007/03/25 21:22

あかん隊さん、ご無沙汰しておりました。
私はあまり映画やTVドラマを見ないのですが、だからこそ、あかん隊さんのブログが楽しくて、ちょくちょくとおじゃまさせていただいております。
これからもよろしくです。

投稿: negiko | 2007/03/25 08:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/14377071

この記事へのトラックバック一覧です: ハゲタカ(第6話)-「新しきバイアウト」 最終回:

» 「ハゲタカ」第6話(最終回) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常]
『ROAD TO REBIRTH』・・・『再生・復活への道』。 [続きを読む]

受信: 2007/03/25 21:13

» 「ハゲタカ」(再放送)第6話(最終回) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
過去と向き合い、今を見つめ、そして『ROAD TO REBIRTH』。 「ハゲタカ」(再放送)第6話(最終回)ネタバレです。 ハゲタカ オリジナルサウンドトラック佐藤直紀 インディペンデントレーベル 2007-07-18 by G-Tools ... [続きを読む]

受信: 2007/08/26 12:13

» 「ハゲタカ」(再放送)第6話(最終回) [三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 〜ドラマ編(仮)]
過去と向き合い、今を見つめ、そして『ROAD TO REBIRTH』。 「ハゲタカ」(再放送)第6話(最終回)ネタバレです。 ハゲタカ オリジナルサウンドトラック佐藤直紀 インディペンデントレーベル 2007-07-18 by G-Tools ... [続きを読む]

受信: 2007/08/26 12:33

« 「さくらん」と「バブルへGO」を観たんだった… | トップページ | アンフェア the movie »