« 十二人の怒れる男(NHK BS2 衛星映画劇場) | トップページ | ブラッド・ダイヤモンド »

2007/04/06

蟲師

VFXの勝利?
指でなぞって書く文字、浮遊する蟲たち、不思議な世界観がよく再現されていた。

「待つのは慣れている」
そんなセリフがあったが、実に「待ち」の多い展開だった。原作をお読みになった方ならば、「ああ、そうそう…」と思えることも多かったのかもしれないが、性格がせっかちな自分は、ことさらじれったかった。急展開を見せるような、激しい場面があっても、カット割りされてしまうし、もう少し観ていたい場面も長続きせず、かといって話がスムースに進むかと思えば、急に回想シーンになって、本筋の話から分断され、何がなんだかわからないうちに、もっとわかりにくいラストを迎える。

劇場の音響のせいもあるかもしれないが、セリフの声が籠もってしまい、「わからない度」がますますアップ。

これは、原作の持つ世界観、ギンコ等のキャラクタに魅力があるのだと感じた。
念のため、もう一度くらい観てみようとは思うが、「ちょっと辛くなる長さの映画」…と感じたのはなぜだろう。

大森南朋、李麗仙は、好きだ。りりぃは、年齢が近いこともあって、好感を覚える。

海外でも絶賛…だそうだが、海外での評価が高くなるのはわかるような気がする。
一歩間違えば「ホラー」の領域にくくられてしまいそうな印象もある今作をぎりぎりのところでくいとめたのは、どんな作品に出演していても、どこかクールで飄々とした印象のオダギリ氏の存在にあるのかもしれない。

※主人公の髪型が「ゲゲゲの鬼太郎」とかぶるような気がしたのだが、余計なお世話か?

|

« 十二人の怒れる男(NHK BS2 衛星映画劇場) | トップページ | ブラッド・ダイヤモンド »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■猫姫少佐現品限り さんへ
そうなんですか…。>原作ファンの不評
ひとつひとつのエピソードは、悪くないと思うし、根底にある世界観は良いと思うのですけど。ヌイの扱い方やラストの意味不明には、困りました。

投稿: あかん隊 | 2007/04/07 23:31

こんばんは!この映画、原作ファンには、徹底的に叩かれているようです。
あたしはこの世界観、静けさ、のんびり加減、そんなに悪くはなかったのですが、やはり最後は、、、
監督のすることは、理解出来ませんでした、、、

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007/04/07 23:18

■そーれさんへ
私も何度かあくびを…。(^^;)
原作もかったるい感じなのですか? うーむ。
世界観のアイディアは、なかなか良いと思うのですけど、どこか「安倍晴明」の世界っぽいかな、とも。エピソードを繋げて、初めてみる人にもわかるように配慮していると感じられましたが、どうにもこうにも、ぶちぶちとぎれる話のペースに「だから何?」「それでどうなの?」みたいなイライラな気分も少なからずあったりして。とにかく、だるーくなってしまいました。それというのも、きっとお話の基本である「起承転結」で、どれが「転」なのかはっきりしなかったし、すごく平坦な印象がぬぐえなかったんですが、それも「原作どおり」なのですかね?
だとしたら、映画化大成功! ですね。

投稿: あかん隊 | 2007/04/06 21:02

こんばんは!
良くも悪くも原作の空気そのままで、原作と同じく観てるうちに眠りに誘われました。(5分程寝たかも)
ということで、原作も4巻より先まで読み進んだ事がありません(笑)
ファンの方はちょっと違うと言うのですが、私には映画化成功していると思うんです。色んな意味で。

投稿: そーれ | 2007/04/06 20:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/14574438

この記事へのトラックバック一覧です: 蟲師:

» 蟲師 07076 [猫姫じゃ]
蟲師 2007年   大友克洋 監督・脚本  漆原友紀 原作オダギリ ジョー 江角マキコ 大森南朋 蒼井優 りりぃ 李麗仙 ゆっくりと流れる時間、音楽も良い、ストーリー自体も興味をそそられる、独特の、すごい世界観。 だがしか〜し! 完全お手上げです、、、 ...... [続きを読む]

受信: 2007/04/07 23:16

» 蟲師の劇場版映画 [蟲師とオダギリジョーが好き]
ついに蟲師が劇場映画で公開されました。月間アフタヌーンで連載中の蟲師。単行本では350万部を売り上げる大人気コミック「蟲師」2006年講談社漫画賞に輝いた蟲師の劇場映画。ついに上映されましたね。蟲師の主演はオダギリジョーをはじめ豪華メンバー。独特なタッチで描かれた神秘的な蟲師の世界を映像化している。蟲師の映画の構想に2年、そして約3か月もの期間を要してロケ地探しに奔走。琵琶湖周辺や富士の樹海など日本人の原風景とも言える自然を背景に、最新のVFXを駆使して妖しき蟲たちの世界を描...... [続きを読む]

受信: 2007/04/08 07:19

» 「蟲師」蟲(自分)探しの旅を経た先に観た本当の蟲(自分) [オールマイティにコメンテート]
「蟲師」は100年前の日本に蟲と呼ばれる妖しき生き物を癒す能力を持った蟲師と呼ばれた者の蟲の治療を描いたストーリーである。世の中には奇妙な治療法が数多いがこういう不思議な治療法があるのなら実際に観てみたいと思える作品である。... [続きを読む]

受信: 2007/04/09 00:46

» オダギリジョー [ホクロの話]
独特の雰囲気が人気のオダギリジョー。1976年2月16日生まれ、岡山出身のオダギリジョーは、あごの右側に1つ、右の頬(鼻寄り)に1つ、左の頬(エラ付近)に1つホクロがある。目立つところは3つだ...... [続きを読む]

受信: 2007/04/15 23:13

» オダギリジヨー“キムタク超え”が確実 [いつの間にか私は主夫]
オダギリジヨー “キムタク超え”が確実俳優・オダギリジョー(31)が主演した映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」が14日、公開初日を迎... [続きを読む]

受信: 2007/04/16 00:45

» オダギリ ジョー/五代雄介 [仮面ライダークウガのすべて]
いつもありがとうございます。「仮面ライダークウガのすべて 仮面ライダークウガのブログ」 管理人の「おやっさん」です。よろしくお願いします。仮面ライダークウガの主人公、五代雄介役の「オダギリ ジョー」を紹介します。本名は、小田切 譲(おだぎり じょう)、漢字だと、「ゆずる」と呼ばれたりするからカタカナにしたそうです。れっきとした日本人です。1976年2月16日生まれ、岡山県津山市出身、身長176センチ津山市立津山東小学校3年2組で、次長課長の河本準一と同級生だったそうです。オフ...... [続きを読む]

受信: 2007/05/04 15:59

« 十二人の怒れる男(NHK BS2 衛星映画劇場) | トップページ | ブラッド・ダイヤモンド »