« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | クイーン »

2007/04/23

キンキー・ブーツ(rental)

ファクトリーは、生きている。そこに集う人々が、いる限り。

靴工場の様子は、初めて見た。映像としてデザインされ、音楽と合わせ、とてもリズミカルで印象的。イギリス映画らしい色彩とシーンの重みが感じられた。

コメディなのだそうだ。イギリス人には、「良い」コメディなのかもしれない。
コメディ…なのか…。笑えなかったのだが。

文化の違い、地方と都会の落差感覚の違い、などなど…、自分には、どうにも「意識改革」が必要な世界の話だったようだ。

「本当の実話」(公式ページの記事にあったのだが、「虚偽の実話」なんてあるのだろうか?)を元に製作された映画らしい。お話としては、サクセスストーリーでもあるわけで、そこそこの笑いと人情に訴えるテーマも盛り込んである。今ひとつ、乗り切れなかったのは、因果関係がハッキリしないのに「突然、怒りくるって、当たり散らす主人公」だったり、お約束のように「来ないはずの「彼」が、仲間を連れて忽然とステージに登場。大喝采…」となる顛末か?

主人公を演じた俳優さんが、オーストラリア出身ということもあってか、英語があまり聞き取れなかった。世襲で工場を継ぐ、頼りなげな息子、その婚約者、クイーン(彼)との出会いも、なんだかちょっと不自然で、「本当の実話」なのか、と疑いたくなってくる。が、これがイギリス流のウィットであるかもしれず、イギリスのセンスについて行けない東洋人は、小首をかしげてしまうばかりだった。映像は、当たり前であるが、比較的良く編集されていたと思う。

|

« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | クイーン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■とらねこさんへ
ドラッグクイーンが好き、というの、納得です。(^^;)
彼(彼女?)は、イイ感じだったと思います。あと、適切なアドバイスをしてた女性も。だけど、主人公が小心なのか、しっかりしてないうえに感情的だったりしたので、がっかりでした。

投稿: あかん隊 | 2007/06/07 20:21

こんばんは☆
ドラッグクイーンが好きなので、やたらと点数が高くなってしまいましたが(そしてテンションも高くなってしまいました)、
あかん隊さんのおっしゃる通り、この主人公の当り散らす姿は、全然ノレませんでした。

投稿: とらねこ | 2007/06/06 23:32

■ミチさんへ
コメントありがとうございます! お忙しいのに、すみません。
当方は、仕事を忘れてレポート、課題に没頭(?)してます。(^^;)
この映画は、観たかったんです。劇場で観るべきだったかなって、今更思います。DVDだと集中できなかったりして。
そうか! ミチさん、靴もお好きなんですね。多趣味ですねぇ。ミチさんがお好きな靴って、どんな靴かなぁ?

メール、某アドレスには、ちゃんと到着しています。ご安心ください。
返信したつもりになっていました。ごめんなさい。
さっき、新しいメールをお送りしました。(爆)

投稿: あかん隊 | 2007/05/08 03:46

こんにちは♪
私もつい最近DVDで鑑賞しました。
「フルモンティ」以来こういう作品が好きです。
ちょっと強引だしベタではありましたが、クライマックスへの持って行きかたとしてはそれほどイヤでもありませんでした。
靴好きです(笑)
好きな靴はかかとを直してもらって履くこともあります。
「イン・ハー・シューズ」もそうでしたが、靴が出てくるだけでなんだか嬉しい←超単純!
(スミマセン、ずっと以前にP○○○○の方に出したメールって届いたのかどうかちょと心配になってます。また改めて近々メールいたします)

投稿: ミチ | 2007/05/07 21:57

■猫姫少佐現品限り さんへ
TBとコメント、ありがとうございます。
…そうなんですか。>靴メーカー
儲からない商売は、商売じゃないですから、仕方ないかもしれませんね。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2007/04/29 23:52

こんばんは!
この靴屋さん、今ではその筋一本のようです、、、
高級紳士靴にこだわっていた面影もなく、、、

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007/04/29 02:46

■カヌさんへ
TBとコメントをありがとうございます!
咳が止まって良かった! 痩せちゃったんじゃないですか?(^^;)
イギリスのコメディ…というのか、ウィット(?)は、いろいろ複雑なこともあるような気がしました。わかる人には、もっといろんなことがわかって、もっと笑えるんだろうなぁ、と思うとちょっと悔しかったかも。

投稿: あかん隊 | 2007/04/26 02:37

こんにちは。1週間でやっと咳が止まりましたよ。
ハリウッドのコメディとは違って、微笑ましい作品でした。
確かにストーリー的には強引なところもあるけど、
個人的には楽しめました(^^)

投稿: カヌ | 2007/04/25 14:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/14825903

この記事へのトラックバック一覧です: キンキー・ブーツ(rental):

» 「キンキーブーツ」 [the borderland ]
派手なことはないけれども、実話を元に靴工場を巡る人間模様をしっかりと描く、ハートフルな物語です。この作品には、悪人は出てこない。今の生活が楽だから、無理して変えたくないという気持ちが強いだけ。主人公チャーリー(ジョエル・エドガートン)自身はもちろん、靴工場の従業員たちが、全く異質なドラッグクイーンのローラ(キウェテル・イジョフォー)と出会うことで、前へ踏み出せるようになる姿は微笑ましく、観ていて思わず笑顔になってしまう。 【なんとなくネタバレ】  チャーリーをダメ男というのは言い過ぎかも... [続きを読む]

受信: 2007/04/25 14:30

» キンキー・ブーツ 07087 [猫姫じゃ]
キンキー・ブーツ Kinky Boots 2005年   ジュリアン・ジャロルド 監督ジョエル・エドガードン キウェテル・イジョフォー リンダ・バセット サラ=ジェーン・ポッツ ジェミマ・ルーパー 実話?ですか?? 変なお話、、、 キウェテル・イ...... [続きを読む]

受信: 2007/04/29 02:43

» ウエーブメッシュブーツ [ライトハウス]
ウエーブメッシュブーツ 6900円 ストラップをメッシュのようにクロスさせた涼しげなブーツ。返りのよいウエーブソールで足どりも軽やか。 [続きを読む]

受信: 2007/05/07 05:37

« 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン | トップページ | クイーン »