« パッチギ LOVE&PEACE | トップページ | 女帝-エンペラー(BANQUET) »

2007/05/30

血の婚礼(東京グローブ座)

舞台に向かって右横の席(3列目)で観賞。
始まりのギター奏者(渡辺香津美)が、間近に。(後半は、左横へ移動)

森山未来のスパニッシュダンスを堪能。彼の、ダンスのための芝居、と言ってもいい。
圧倒されてしまう。無心で見入ってしまうダンス。

ソニンの雰囲気もよく、彼女も芸達者であることがよくわかる。
江波杏子の貫禄と佇まいに憧れる。

太陽の熱、乾いた荒野、情熱…などなど、スペインの土地に育まれた風情は、日本人である自分には、かなり難解。というよりも、もともと基本概念として身に付いていない。

そのためか、シチュエーションに馴染めない。
恋人を無理にあきらめて別の女性と結婚し、子どもまでいる男が、すべてを放棄して「でも、やっぱり」、と元恋人を、彼女の結婚式にさらうのだから、いただけない。昔あった「卒業」の映画も、結婚式での略奪だが、あまりに違う設定で、あっけにとられる。

結局、結婚式の花婿である男と妻子ある身でありながら、身勝手きわまりない男は、差し違えてしまうらしい。(はっきりと演出されていなかったが、そう解釈するのが当然?)

どうにもこうにも、自己中心的な人物の悲劇。まわりの人もいい迷惑。
結婚式に、元彼と手に手を取って逃げ出す花嫁は、追いかけても、連れ戻しても、ほとんど意味はない、とどうして思えない? 果たして、命をかけるほどの一大事だろうか?
多分に動物的なにおいのする話だが、どんどん不幸になっていく人ばかり。

衣装の雰囲気が、なかなか良かった。音楽も、ほとんど生ギターのみ。
フラメンコ特有のタップと手拍子。シンプルな舞台装置にも感心したけれど、スペインになじみのない人間には、スペインの暗すぎる話は、染みこまなかったように思う。

|

« パッチギ LOVE&PEACE | トップページ | 女帝-エンペラー(BANQUET) »

観劇」カテゴリの記事

コメント

■カオリさんへ
それは凄い! 守備範囲が広いですね。ブログも複数やってらして、さすがです。席の良さは、いつもチケット取って、誘ってくださる方が、「強運」だから。(^^;) 私自身は、とっても、くじ運悪いんです。(泣)

投稿: あかん隊 | 2007/06/05 00:17

こんばんは!カオリです。私もこれ観たんです!
ということで、今日は日記ブログ「my daily life」 からTBさせていただきました。
3列目なんてよいお席ですね~。

投稿: カオリ | 2007/06/04 01:04

■そーれさんへ
そーれさんがご覧になる予定は、ブログで知っていました。(^^;)
ソニン、イイですよね? 演技派だと思います。「空中庭園」(映画)でも、とてもうまい、と思いましたもの。
「スペイン」の風土に生きたことがないと、こういうお芝居は、頭でわかっても気持ちがついていけないような気がしました。ダンスは、圧巻でしたよね?

投稿: あかん隊 | 2007/06/04 00:27

こんばんは!
あかん隊さんもご覧になられたんですか
私もさっき観て来た電車の中です(笑)
ソニン目当てだったんですが、『スウィーニー・トッド』同様、将来性を感じさせる上手さを感じました。
彼女の歌声が無かったのがちょっと残念ですが(ミュージカルの発声が素晴らしかったんです)。物語自体が救いようがなくて暗いのと、照明の暗さには参りました。
値段をどうこう言うのは間違いですが、短くて中身が薄い気も。
森山未来は、おっしゃるとおりダンスがんばってましたが、明るい役の方が良いですね。

投稿: そーれ | 2007/06/03 19:58

■クロワッサンさんへ
そうでしたか。記憶力、イイですね! 年をとっても、面立ちはあまり変わっていないようにお見受けします。最近は、東電のswichのCFでも、なかなか良い味を出してらして。発声法が良いのでしょうか。セリフが、他の方よりも、ずいぶんはっきり聞き取れていたように思います。

投稿: あかん隊 | 2007/06/03 13:34

あかん隊さん、こんばんは。
そういえば江波杏子さんのデビュー作はあの大映の怪獣映画第一弾のガメラの第一作だったと思います(^_^;)

どうでもいい話ですた(^_^;)

投稿: クロワッサン | 2007/06/03 00:03

■もこもこさんへ
コメント、ありがとうございます。
個人的には、未来君は、陰鬱なキャラクタよりも、底抜けに明るいのが似合うように思います。内向した情熱のはけ口としてのダンスより、「わーい!」って感じのダンスがいいなぁ。

投稿: あかん隊 | 2007/05/30 18:27

ちょっとついて行けない心情でしたね。
未来君にはもっと向く役があるように思います。
ダンスはすばらしかった!!

投稿: もこもこ | 2007/05/30 13:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/15251995

この記事へのトラックバック一覧です: 血の婚礼(東京グローブ座):

» 観劇「血の婚礼」 [my daily life]
急に思い立って、舞台を観に行きました。 その名も「血の婚礼」、Blood Weddingです。 スペイン出身のロルカという詩人の著名な劇なんだそうで、 たまたま「ぴあ」を見ていたら見つけました。 何故これを観る気になったかと言うと、 私の好きなガエル・ガルシア・ベルナルもこれを演じたことがあるということから。 昔の恋人が結婚する・・・自らも結婚し子どももいる男が、婚姻の夜に花嫁と逃げる。そして、追ってきた花婿と格闘することになる。 実際にスペインのアンダルシアで起きた事件をベースにしていると言う... [続きを読む]

受信: 2007/06/04 01:01

» 『血の婚礼/Blood Wedding』@大阪厚生年金会館芸術ホール [そーれりぽーと]
すっかり生の観劇が楽しくなって、今年は毎月何かを見続けてる俺(3月はライブでした)。 今月のチョイスは森山未来主演の『血の婚礼』。 フライヤーを見ると、有名なスペイン戯曲の日本版だとか。 戯曲の意味さえも知らず、wikiで調べた観劇素人な俺ですが、2月に観た『スウィーニー・トッド』で素晴らしかったソニンも出ているとの事で、つばをつけていました。 目当てがソニンだったので、他の森山未来以外のキャストは全く調べず。 導入部のダンスが終わった後に登場したのは江波杏子と、岡田浩輝。 うほw なんか得... [続きを読む]

受信: 2007/06/04 22:38

» 森山未来  俳優 [森山未来  俳優]
森山未来  俳優 [続きを読む]

受信: 2007/06/22 03:05

« パッチギ LOVE&PEACE | トップページ | 女帝-エンペラー(BANQUET) »