« 最近のことなど | トップページ | ゾディアック »

2007/06/20

舞妓Haaan!!!

20070610001なぜ、「a」がよっつなのか、わからない。
おなじく「!」がみっつなのも、誰が決めたのか。

そういうところから始まっていると思える、クドカン・ワールド。

はちゃめちゃなストーリーもプロットも、強引に展開。
テレビドラマよろしく、小ネタにも注意して、発見を楽しむこともできる。(映画館の看板、「山猿」にまつわるコピーを確認しよう)

阿部サダヲには、歌舞伎座での「朧の森に棲む鬼」で、魅了されたから、この映画では、物足りないくらい。中学生は厳しいけど、学ランはよく似合う。生のお芝居では、もっと若くみえるくらい、演技ではエネルギッシュな人。

主たる男性二人の対抗戦もさることながら、周りの人物もしっかり便乗、巻き込まれたフリ(?)をして、ちゃっかりやっているのがおかしい。

吉行和子も、笑いをこらえるのがたいへんだったんじゃあ…。

カップ麺のアイディアは、なかなか良い。実際にあれば、試したい。
わーわー、きゃーきゃーと進んでいく中盤くらいまでは大騒ぎだが、中盤以降は、やや人情モノにもなっていくので、テンションとノリのレベルが若干落ちる。落としどころは、その辺り…と思わせておいて、落としどころにもすんなりとはいかないぞ、と一工夫入れた人間関係の妙は、かなりわざとらしいが、まあ、がんばって許容。

京都にしては、どうも、様子が…と思っていたら、やはり金沢ロケ。

この映画なら、ポップコーンにコーラで観賞してイイ。
欲を言えば、堤真一ではない俳優、見るだけで笑えるような「内藤」が見たい。

|

« 最近のことなど | トップページ | ゾディアック »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
え~??何で知っているの?ですか??
まさに、ポップコーンにコーラ、で見ました!
今年最高に、おもしろかったです。

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007/07/31 23:45

■ひらりん さんへ
いつもありがとうございます!
京都で「あんさんのラーメン」見つけて買いました。(爆)
塩味ととんこつ醤油味がありました。荷物があるのに、これ持って帰るのかな?>自分
阿部サダヲ。超売れっ子ですねぇ。残念ながら、テレビ出演は見ませんでしたが、舞台近く、かなり近距離で見たことがあります。汗だくで走り回り、「走るエンタメ・サービス精神」みたいな方でした。(^^;

投稿: あかん隊 | 2007/07/06 21:30

お先にポチッと頂いてたのに、お返事遅くなってすみませーーん。
ホント、主演の阿部サダヲ・・・妙な役者さんですね。
記事にも書いたNHKの出演時も、シャイなんだか、変人なのか・・・
不思議な魅力を醸し出してました。
これからも、個性的な役が回ってきそうですね。

投稿: ひらりん | 2007/07/06 04:10

■そーれさんへ
京都に着いたとき、雨は止んでいました。ご心配、ありがとうございます。この4月から、某芸術系大学(通信制)に編入。スクーリングのため、京都に行きました。今週末も行く予定です。>結構、大変。。。
これからは、ちょくちょく京都に見参です。<嫌がられるかしら?

営業で京都…というのは、ちょっと引きますね。(^^;)
たいへんなの、想像できます。一見さんお断り、でもないでしょうけれども、言う言葉の裏の裏…みたいなことがありそう。

「わからないんですけど」とか「しらなくて」とか、
聞かれることには、比較的親身になって答えてくれてるように思いますが、大学の近くのカレー屋さん、オーナーがインドの方でした。
インドの人が、京都弁話すのかなぁ…と不思議な気持ちでした。(笑)

投稿: あかん隊 | 2007/07/04 21:20

こんばんは!
と言っても、今はお出かけ中のご様子。
なに!京都ですか。
今日の京都は、昼からの大雨で大変じゃなかったですか?
10年間、営業担当エリアが京都なので、意に反して奥ゆかしい(というか腹黒い)京都の方々と毎日会話をしていてチクチクやられています(汗)
金沢ロケとは言っても、花街以外の大半は京都ロケでしたよー('∇')

投稿: そーれ | 2007/06/30 01:38

■ミチさんへ
大丈夫ですか? 別途メールをお送りしました。
今日から京都です。7/2深夜に戻ってきます。

ガイドブックから、これだけの脚本が書ける。さすが、クドカン!
阿部サダヲ、ある意味不思議な俳優さんだな、と思います。

金沢! 行きたいです。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2007/06/29 10:46

こんにちは♪
金沢もフィルムコミッションが頑張っているのか、ロケ地になった映画が4本も相次いで公開されています。
この『舞妓はーん』にもたくさん登場してました。
今度来沢された折にはロケ地をご案内いたしますよン(笑)
以前行った東茶屋街の川向かいの所なんです。
今週末あたりお忙しいご予定でしたよね?
梅雨時ですからお身体お気をつけて。
私もちょっと体調崩していますので・・・(汗)

投稿: ミチ | 2007/06/29 10:24

■カオリさんへ
TBとコメントをありがとうございます。
クドカンらしいですよね? >ガイドブックを参照
すでにそこからギャグが始まっていたのかも。(^^;)
阿部サダヲ、気に入ってます。機会があれば、舞台もお勧め!

投稿: あかん隊 | 2007/06/29 01:18

■PGM21さんへ
コメントをありがとうございます。
そうですね。これ、どちらかといえば、大人(成人以上?)向け、若者向けのギャグ映画ですから。劇画タッチのギャグマンガみたいなものでしょう。性表現が、それほど過激でなかったのが一般向けでしょうか。
これで過激な性表現があったら、シネコンでの公開はされてないですね。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2007/06/29 01:16

こんばんはー。これ、金沢ロケだったんですか。
クドカンがガイドブック観て脚本かいたって言うのは聞いてたんですが・・・(汗)
舞台でもホント凄いんでしょうね、阿部サダヲさん。

投稿: カオリ | 2007/06/28 23:55

何時もお世話になっております。
最近何故かPCや周辺機器が悲鳴上げている事数知れずなのですが・・・
まあそれは余談話として、この作品ね・・・
私は完全に合わなかったですね・・・
柴咲コウが出ていなかったら木更津同様パスしていましたから・・・
評価点も・・・5点(初の1桁)つけたほどなのでとてもではないけれど各BlogへのTBは控えました。
女たらしと火遊びも度が過ぎるとね・・・
柴咲の豪快ビンタに5点でした。
それ以外は教育上良い子のために論外という事で・・・

投稿: PGM21 | 2007/06/27 01:09

■たいむさんへ
うーむ。待ち遠しいですねぇ。>それでも、明日か…(爆)
ちゃんとしてる(新品)ことを祈ります。
この映画は、おちゃらけて観てナンボ、って感じです。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2007/06/21 19:36

ええ、まだ・・でした。
で、昨日の夜、交換しに来たので一応決着。
かわりに今日届くかな~と思っていた宅配便がとどかず、明日に。
御馴染みのアレ関係で明日は壊れますので、「舞妓」は来週になりそうです(^^;)

そうそう、この世界、様子見はいらないかと(笑)
少なくとも、私は勧めません(爆)

投稿: たいむ | 2007/06/21 18:12

■たいむさんへ
え? まだだったんですか?>DVDレコーダー
いいじゃないですか、新品。最近、よくあるようですよ。>…かな?
この前、ラジカセ(安物だが)が故障したので、修理に出したら、修理しないで「まんま」(新品)が戻ってきました。(爆)
解決することをお祈りしてますね!

投稿: あかん隊 | 2007/06/21 03:11

今週は通販の宅配到着と、未だにくすぶっているDVDレコーダのせいで、夕方以降に出歩けません(泣)
ってことで、金曜に観られればイイナーと思ってる作品がこれです。(ダメなら来週だなぁ)

そのDVDレコーダ。どうやら新品と交換になりそうです。しかもモデルチェンジした最新版に。なんだかそれが目当てみたいに思われそうで癪なんだけど、今までのツケもあるので遠慮なくいただきたいと思ってます。万事解決ならいいのだけど・・・。

投稿: たいむ | 2007/06/20 17:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/15495929

この記事へのトラックバック一覧です: 舞妓Haaan!!!:

» 舞妓Haaaan!!!(07・日) [no movie no life]
クドカンは苦手だったけど、これはイケた。 サラリーマン鬼塚公彦(阿部サダヲ)は、高校の修学旅行で舞妓に出会って以来、「舞妓しか愛せない男」になってしまった。「舞妓と野球拳」をするのが彼の夢。念願かなって京都に転勤が決まり、付き合ってた彼女富士子(柴崎コウ)を... [続きを読む]

受信: 2007/06/28 23:56

» 『舞妓Haaaan!!!』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 『舞妓Haaaan!!!』□監督 水田伸生 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 阿部サダヲ、堤真一、柴咲コウ、吉行和子、小出早織、伊東四朗、生瀬勝久、北村一輝、真矢ミキ、植木等、■鑑賞日 6月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> この映画に起承転結を求めてはいけない(笑)が、アップテンポでハチャメチャで理由なく面白い、まさしくエンターテイメントな作品です 祇園や白河は京都に帰ったときに必ず通るが、実際に舞妓さんとお茶屋で... [続きを読む]

受信: 2007/06/29 08:11

» 映画 【舞妓Haaaan !!!】 [ミチの雑記帳]
映画館にて「舞妓Haaaan !!!」 クドカンこと宮藤官九郎が、ルールやしきたり満載の“舞妓”の世界を描く。監督は水田伸生。 中学の京都への修学旅行以来、熱狂的な舞妓ファンになった鬼塚公彦(阿部サダヲ)。舞妓と野球拳をする夢を持つ鬼塚は、念願の京都支店への転勤が決まる。 異常なまでに舞妓に執着する鬼塚公彦というオトコのハイテンションが見所。私は阿部サダヲのハイテンションは好きなのでなんとか最後までついて行けたけれど、あまりにバカバカしくてついていけない人もいるんじゃないかな〜って心配になった... [続きを読む]

受信: 2007/06/29 10:21

» 【2007-85】舞妓Haaaan!!!(まいこはーーーーん) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 男の究極の夢。それは・・・ 舞妓 と 野球拳 京都は日本の宝どす。 [続きを読む]

受信: 2007/07/01 00:19

» ★「舞妓 Haaaan!!!」 [ひらりん的映画ブログ]
(2007/A110/S57)←今年通算110本目の鑑賞。 今週公開作は、週刊誌で★印が多かった「ゾディアック」も注目だけど・・・ 予告編見て、こりゃ面白そーーーーっ・・・て感じてたので、この作品を最初に。 この作品が初主演作の阿部サダヲとか・・・ 脚本が、宮藤官九郎とか・・・ 柴崎コウが舞妓に挑戦とか・・・ いろいろネタが詰まってそう。... [続きを読む]

受信: 2007/07/06 01:11

» 舞妓Haaaan!!! <多々、ネタバレ有り> [HAPPYMANIA]
〜〜 京都は日本の宝どす。〜〜数ヶ月前から 公開を楽しみに待ちまくった作品で、その期待に100%応えてくれた映画どすぅとにかく、面白いっ 初めから最後まで大笑いしまくったが、面白いだけではなく、泣かせる所もちゃんとあってジーンとしたり、感動したり、そん...... [続きを読む]

受信: 2007/07/06 05:08

» 【劇場映画】 舞妓 Haaaan!!! [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 鬼塚公彦は東京の食品会社で働く平凡なサラリーマン。ただひとつ普通じゃないのは、修学旅行で京都を訪れて以来、熱狂的な舞妓ファンだということ。そんな公彦に転機が訪れる。念願の京都支社に転勤が決まったのだ!死に物狂いで仕事して、最高峰の壁「一見さんお断り」を強引に乗り越え、やっとの思いでお茶屋デビュー!だがそこでお茶屋常連の野球選手・内藤と出会った公彦は、内藤に異常な競争心を燃やし…?!(goo映画より) 超ハイテンションな映画。 でも盛り込みすぎて、2時間が長く感じられました(... [続きを読む]

受信: 2007/07/15 21:08

» 舞子Haaaan!!! 07164 [猫姫じゃ]
舞子Haaaan!!! 2007年   水田伸生 監督  宮藤官九郎 脚本阿部サダヲ 堤真一 柴咲コウ 小出早織 京野ことみ 酒井若菜 キムラ緑子 生瀬勝久 大倉孝二 山田孝之 須賀健太 北村一輝 Mr.オクレ 真矢みき 吉行和子 伊東四朗 植木等 ほらね、やっぱり....... [続きを読む]

受信: 2007/07/31 23:47

« 最近のことなど | トップページ | ゾディアック »