« アヒルと鴨のコインロッカー | トップページ | HERO »

2007/09/08

恋するマドリ(京都シネマ)

「マドリ」って、「間取り」のこと?
チケット購入時、スタッフの人のイントネーションが気になった。京都弁? 関西の?
何のことはない、情報を一切シャットアウトして、白紙状態で鑑賞したからだったのかも。

マンガチックではある。テレビドラマのようでもある。
こういう軽いタッチの映画では、どんな顔をみせるのかをみてみたかったキャストが数名登場していたので、観ることにした映画なのだが、ヒロインの女の子は…。うーん、どんなもんだろうか。可もなく不可もなし。こういった路線なら、過不足はないだろうな。

「笑い」をとろうとしているところが、いくつかあるのだが、ちっともおかしくない。しらけてしまう。「笑い」をとる、というのは、「泣かせる」よりずっと難しいことなんだよ。>監督

結局、たいした話じゃない。成田空港に屋形船で? わかんないよ~。
菊池凛子のお父さんが、世良公則…って。世良さん、思いっきり怪しいし、意味不明だし。

スネオヘアーの曲は、良かったかな。久しぶりに彼の曲を聴いたような気がした。
江口のりこ、いいな~。場をさらう人だ。廣田朋菜という人もいいな、注目だな。

長澤まさみ < 新垣結衣 だろうけど、だから何?
昔、アイドル系の映画やドラマが盛んに製作された時代があったけど、最近は、こういう路線でいくんですね。時間つぶしだった。わざわざ観るほどのものではないが、ファンなら、どうぞ。

|

« アヒルと鴨のコインロッカー | トップページ | HERO »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/16377062

この記事へのトラックバック一覧です: 恋するマドリ(京都シネマ):

« アヒルと鴨のコインロッカー | トップページ | HERO »