« プラネット・テラー in グラインドハウス | トップページ | 転々 »

2007/11/25

10月と11月に観た映画

すっかり放置してました。反省。。。
何を観たのか忘れてるような気もします。覚えているのだけちょっと書きます。
覚えていないのは、たぶん、たいしたことない映画だったんでしょう。
順不同です。

■「サッド ヴァケイション」
青山監督の3部作、最終章。
やっぱり長い映画(2時間16分)だったんだけど、それほど長さを感じなかったな。
ベースになる事件とその人間関係が、よくわからないまま観ていたけど、オッケーです。
ラストシーンは、ちょっと違和感が。それでも、観て良かったと思える作品でした。
子どもを持つ女性は、つおい!

■「象の背中」
死生観の問題かと思ったら違った。「オトコの夢」みたいな話で、かなりあほらしい。
男性には、気に入られる作品かも。こーんなに都合よく、うまいこと人生終われるほど世の中甘くないわい! 奥さんだって、愛人だって、だまってないな。現実は。
風呂屋の書き割り。絵に描いた餅。「…だったらいいな」がここにある。夢、見てもいいけど、現実と混同してはダメ。とってつけたような「海辺」で、ものすごく嫌悪感が残った。

■「自虐の詩」
原作マンガで、阿部寛と中谷美紀。期待どおり、というか、あまり期待してなかったから、そのまま、というか。中谷美紀、この路線で行くのか? しかし、代わり映えしないな。松重さん、カルーセル、このあたりで救われる? 観なくても後悔しない映画だった。(意味不明)

■「大統領暗殺」
ドキュメンタリータッチで仕上げてあるけど、フィクション。つまらなかった。<失礼

■「クローズZERO」
小栗くん、うまいな~。山田くん、ちっとも強そうじゃないけど、はずしたイメージは良かったかなぁ。三池監督の映画は、だいたいどれも観ることにしてる。これはちょっと三池さんらしさが押さえられていたような感じ。ベースになるシチュエーションが、高校だし、狭いよね?
原作、マンガなの? そうかぁ、わかる気がするなぁ。
映像として、構図やアップと引きのバランス、分配、パンの具合などは、すきっとしていていいなと思う。

■「やじきた道中 てれすこ」(なぜか、金沢で観賞)
映画としてどうか、といわれれば、別に普通。だけど、観賞時の自分のテンションには、ぴったりだったらしく、泣くほど笑った! 歌舞伎の役者さんは、どうもオーバーアクションが気になるな。舞台なら、いいのだろうけど。小泉今日子、頑張っているのはわかるけど、どうだろうか…。子狸役の子役に、負けてたような気もする。脇の俳優さんが豪華。
「落語」の話なんて、何もしらないから、そうした風情を楽しむことはできなかったけど、オチのわかりきった話でも、なぜか、笑えて笑えて。タイムリーでしたか。。。

■「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
初回を観たので、惰性で観たような気がするなぁ。やっぱりたいした話じゃあない。
CGは、良かった。オープニングのゴジラ、いいな。破壊された街をミゼットで行く鈴木オートの社長(堤真一)、あのシーンが一番良かった。

■「ミッドナイト・イーグル」
大沢たかお、彼の演技が観たくて。お話は、きっと原作の方がいいと思う。
やたらアップのシーンが多くて、映像としていただけない。中途半端な引き、構図もつまらない。セリフも、おかしいと思うところが結構あった。説明しなくても良いことを述べ、説明すべきことをはしょっている感じ。藤竜也、歯がきたない。幻滅。一国の首相だもの、もう少し身だしなみにも気を遣って欲しいよ。おしゃれしなくてもいいから、清潔にして!
映画は、これ以上ないほどアップになるのに、誰も何も思わなかったのかな? 信じられない…。。。大森南朋、ファンなのに、あれだけ? やーん。主役の映画観たいぞ~。

ステルス戦闘機、外見もその内部も、ウルトラマンでのセットみたいでちょっと哀しかった。

■「ボーン・アルティメイタム」
おもしろい、と聞いていたので期待して観賞。うん、うん。これならいいかも!
ハンディカメラのぐらぐらも、今回は、あまり気にならなくてよかった。テーマ曲、格好イイ。
テンポも速いし、観客に余計なことを考えさせずに、ぽんぽん、シチュエーションが変わるのがいいのかも。力業。ラストシーンは、うまいっ! のひと言。
しかし、何かというとCIAとかFBIとか、内部に悪者がいる設定って、よく映画にできるな~とつくづく思う。日本で制作されるものは、なんだか陳腐になるのは、なぜ?

|

« プラネット・テラー in グラインドハウス | トップページ | 転々 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■くまんちゅうさんへ
ありがとうございます! 頑張ります。>写真の勉強
何でもそうですが、専門的に勉強を始めてみると奥が深くて、いろいろたいへんです。
キャパのことは知っていて、ブレッソンは、あとから知った人だったんですが「決定的瞬間」という言葉と共に、フォトジャーナリズム、最盛期の方ですね。フランス版の写真集(高価でした)を持っています。ライカを使えば、こういう写真が撮れる…なんて思ってはいけませんね。(^^;)

投稿: あかん隊 | 2007/12/05 03:50

写真の勉強もしてたんですね、素晴らしい!
ブログはボチボチでも勉強頑張ってくださいね。

マグナムの会員の中ではブレッソウンは精神的支柱、神様のような存在だったようです。ご冥福をお祈りいたします。

投稿: くまんちゅう | 2007/12/04 22:32

■くまんちゅうさんへ
ご心配かけて、ごめんなさいデス。ほんとにすみませんでした。コメント、心に染みます。。。
「転々」の後は、まだ劇場に行けないのですけど、今月は、まだまだ観たい映画があるので、がんばって行きます。ブログは、停滞しても続けますので、お見捨てにならずに。(^^;)
これからも、どうぞよろしくお願いします。

投稿: あかん隊 | 2007/12/03 23:47

■とらねこさんへ
ご無沙汰してしまって、ごめんなさい。
ほんとに、ほんとに忙しくて。(^^;) 映画は、そこそこ観ていたんですけど、ブログは、とっても気になっていたんだけど、構ってあげられませんでした。(泣)
やっと少し時間ができてきたので、またがんばりマス。

投稿: あかん隊 | 2007/12/03 23:45

お帰りなさい、暫く更新してなかったので、まさか無くなっちゃうんじゃと心配してました。
まずは安心。
映画の感想もぼちぼちで行きましょう。
またお邪魔します。

投稿: くまんちゅう | 2007/12/02 18:47

こんばんは☆久しぶりです!
それなのに、あかん隊さんが見た映画、全然どれも見ていないです・・・。

投稿: とらねこ | 2007/12/01 04:29

■カヌさんへ
ご無沙汰してしまって、ごめんなさい。
コメントありがとうございます! カヌさんも、お元気そうですね。サッカーの話題は、どうもわからないもので、すみません。(^^;) やっぱり、劇場が少ないと辛いですか?
お忙しくて時間がないのかな~。とうとう、今年も12月になりますね。参っちゃいますね。<何が?(笑)

投稿: あかん隊 | 2007/11/29 23:14

こんばんは~
お元気そうで何よりです!
あかん隊さんが観た映画どれも観れてないことに
今気づきました(^^;

投稿: カヌ | 2007/11/29 22:29

■たいむさんへ
チェックしてくださって、ありがとう!
最近、映画は観ても、記事にする時間がなくって困っています。めげずに、ぼちぼち続けます。 大森南朋、主役の作品、観たいな~。ないのかな。。。

投稿: あかん隊 | 2007/11/28 22:12

ミッドナイト・イーグル、見ました。
久しぶりに酷評です(><)
大森さんも何のために出てきたんだが・・・という感じで。
ハゲタカのような役どころをもう一回みたいですね。

「転々」はもう公開なんですね。
こちらは観たら伺いますw

投稿: たいむ | 2007/11/28 17:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/17187230

この記事へのトラックバック一覧です: 10月と11月に観た映画:

« プラネット・テラー in グラインドハウス | トップページ | 転々 »