« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/31

茶々-天涯の貴妃

20071230001東映バンザイ!
こういう映画は、東映がイイ。

ちょっと不思議なトーンの映像が、時代劇にぴったり。

舞台で鍛えられた発声法や立ち居振る舞い、目の力、佇まいとしての演技も確かな和央ようか。長セリフが、ほとんどなくて、それが好印象の元かもしれない。宝塚風を感じなくて済んだ。基本的に宝塚は、どうにも苦手。

脚本の高田さん、さすが! すぱすぱっと決まるセリフが、とても小気味よく、潔さが全編を通して感じられる。

既視感のあるシーンが多いのは、戦闘シーン、茶々最期のあたりのシーン。ラスト間近の母娘対面シーンは、必要? 音楽は、やっぱりちょっといただけなかった。

続きを読む "茶々-天涯の貴妃"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/12/29

「おひとりさまの老後」 上野千鶴子 著

Ohitorisama書店で平積みになっている本の中で、気になるものがあると購入してみる。
この本も、その手の範疇から外れない。

中身は、たいしたことはない。(失礼)
そもそも、各人の環境や価値観が、これほど多様化している現在において、上野氏が個人的に、ああだの、こうだの、と分析・解説しても、あてはまらないケースは、いくらでもある。

それでも、各種ある意見のうち、ひとつのサンプルとしては参考になる部分もある。
前半は、はっきり言ってつまらなくて、なかなか読み進められなかった。後半になると、比較的具体的なことに言及していて、まずまずである。

続きを読む "「おひとりさまの老後」 上野千鶴子 著"

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/12/24

ベオウルフ

200712231 (c)2007 Warner Bros.Ent.All Rights Reserved

意外。これは余韻が残った。
本来なら、苦手なCG酷使映画のはずが、さすが最古の叙事詩をもとに制作されただけのことはある。多少、似通ったシーン作りは、気になったが、どうしてどうして。
なかなかのストーリーとキャラクターではある。

グレンデル(原文では、カインの末裔、といわれているらしい)というのが、みょうちくりんな、見るも無惨な姿をしているのだが、どうして、あのようなイメージになったのか、知りたいと思った。巨人とも竜とも言われているはずのグレンデルを、わざと(?)あのような姿で描写したことの意味はなんだろう。

現代にも通じるように、また、男性客も喜ぶように脚色されている。

色香に弱い男性諸氏。秘密にしていることの自責。
「空虚になった英雄」「過去に死んだ」と思うほど、思い悩む、苦悩の王が、それでも若い側女をいとおしみ、本来の愛の対象(妃)から、己を遠ざけようとでもするかのような行為に、気の毒…と思うことも可能だが、要するに、それも「(都合の良い=同情を誘う)言い訳」に思える。しかし、己の全て(存在そのものが不実である、異形=ドラゴンとなった息子さえも)を犠牲にしても、最愛の妻(妃)と側女の命を救わんとする姿には、納得した。

「ファンタスティック・フォー」のシルバー・サーファー酷似の、ゴールド・サーファーならぬ、黄金男は、実の息子であるわけで、ドラゴンの狙いが、父親の妻や側女であることを考えれば、父親を独占したかったのか? それとも? と悩む。

続きを読む "ベオウルフ"

| | コメント (6) | トラックバック (6)

2007/12/23

ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記

もはや、ディズニー年代ではないことをはっきりと自覚した映画。
申し訳ないけど、こうした展開の映画は、観てもおもしろいと思えなくなってしまった。

スピード感だけが、いくらかの救いになっていたが、巨額の費用をかけて、この程度の映画を制作することに果たしてどれほどの意味があるのか…。

続きを読む "ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記"

| | コメント (3) | トラックバック (6)

2007/12/12

椿三十郎

古式ゆかしい映画の雰囲気を継承しているのかもしれなかった。
元になった映画は、観ていないから、比較して何か言えるわけではない。

言わんとするところは、よくわかる。わかりやすい。が、直球すぎた。少なくとも、自分にとっては、さほど記憶に残る映画にはならなかった。話がうまく行き過ぎる。もっとも、そういう物語が好まれた時代に作られた映画が元になっていたからかもしれない。

続きを読む "椿三十郎"

| | コメント (10) | トラックバック (5)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »