« 「おひとりさまの老後」 上野千鶴子 著 | トップページ | 2008 start! »

2007/12/31

茶々-天涯の貴妃

20071230001東映バンザイ!
こういう映画は、東映がイイ。

ちょっと不思議なトーンの映像が、時代劇にぴったり。

舞台で鍛えられた発声法や立ち居振る舞い、目の力、佇まいとしての演技も確かな和央ようか。長セリフが、ほとんどなくて、それが好印象の元かもしれない。宝塚風を感じなくて済んだ。基本的に宝塚は、どうにも苦手。

脚本の高田さん、さすが! すぱすぱっと決まるセリフが、とても小気味よく、潔さが全編を通して感じられる。

既視感のあるシーンが多いのは、戦闘シーン、茶々最期のあたりのシーン。ラスト間近の母娘対面シーンは、必要? 音楽は、やっぱりちょっといただけなかった。

茶々、少女時代の子役、とても良く似ていて、びっくりする。子役のうち、千姫幼少役の子役は、同時期公開されている某映画にも登場する子で、なんだかな~、である。成長してからの、谷村美月は、好き。

衣装の豪華さに圧倒される。茶々の打ち掛けのみならず、秀吉が身につける衣装も、たいへんすばらしい。桐の紋が懐かしかった。(小学・中学が桐の紋の学校だった)

大味ではあるが、なかなか良い雰囲気を持った、お正月映画に相応しい作品だと思う。

余談だが、松方氏の織田信長、ちょっと貫禄ありすぎでは? それに、神経質そうには見えないのだ。寺島しのぶ、良いのだけれど、和央ようかの妹としては、年齢的にキツそうに見える。

|

« 「おひとりさまの老後」 上野千鶴子 著 | トップページ | 2008 start! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

■悠さんへ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

いえ、脚本力が良かった…というわけではなくて、(汗)
紋切り型のセリフが、自分の気持ちの位置に近かったから、小気味よかった(「仁義なき戦い」系の雰囲気のあるセリフとか)、それだけでして。

言葉遣いなどは、かなりはちゃめちゃで、「はぁ~?」と思うようなところがたくさんありました。脚色は、こじつけ…とも思えるようなものでしたし、エキセントリックな味付けになっていたことは、否めませんね。
とはいえ、期待度が低かった分、好意的に観ることができたのだろうと思います。

投稿: あかん隊 | 2008/01/02 06:05

あけましておめでとうございます。

えぇ、これ、脚本力よかったですか、
おいらは、えっ、もう邦画みないぞ、脚本力、よくないぞって映画でした。だって、台詞が、現代か、時代劇か、どちらかにきめてくださいませ。
えっ、いいんですけど、どっか史実に忠実にしてくだされませ、家康が、茶々をくどくってありえないでいしょ。
秀吉が、宴会で人を殺すってことないでしょ。
鶴松の死であんなに、物語をひきずることないでしょ。秀頼がうってでることないでしょ。
エトセトラ。これ、脚本力よくなかったですよ、

投稿: 悠 | 2008/01/01 22:23

■カヌさんへ
こんばんは。こちらこそ、お世話になりました。
来年もどうぞ、ぼちぼちよろしくお願いします!(^^;)

投稿: あかん隊 | 2007/12/31 23:43

こんばんは。
1年って早いですね。転勤があった年はいつもそう思いますが、
今年は2人なんで余計に早かったような気がします(^^;
ゆるゆると更新していくので、来年もよろしくお願いいたします。

投稿: カヌ | 2007/12/31 23:16

■猫姫少佐現品限り さんへ
ありがとうございます! 自分も、ブログが半ば放置状態になった時期もあった1年でした。来年は、もっと映画を観るつもりです。

こちらこそ!
来年も、どうぞよろしくお願いします。

投稿: あかん隊 | 2007/12/31 21:55

こんな所にごめんなさい。

今年はご無沙汰ばかりでごめんなさいでした。
来年も、よろしくお願いしますね!

良いお年を~!

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2007/12/31 20:48

■たいむさんへ
こちらこそ、たいむさんの落ち着いた、冷静さと計画力、行動力には頭が下がります。自分は、ただただ慌てているだけの「せっかち」なのかもしれません。(^^;)
お気遣い、ありがとうございます!
たいむさんもお元気で新しい年を迎えられますように。
そうそう、例の品、オーダーを待っています。(笑)

似てましたよね?>子役の子
松方さんは、相当のご年齢ですし、体躯もそれなり…。。。
神経質な感じがしなくて、どっかの組長みたいでした。(爆)

投稿: あかん隊 | 2007/12/31 15:27

あかん隊さん、こんにちは。
今年も大変お世話になりました。
忙しい中、何事も諦めないあかん隊さんには、頭が下がりっぱなしの一年。すっごく影響されてます。
とにかく、体調管理だけは気をつけてくださいね。
また来年、元気な姿を拝ませてください!!

この作品、”東映”でしたねー(笑)
子役の少女は私もビックリしました。一瞬本人かと思ったくらいですから。
松方さんは貫禄ありすぎ!おかげで周りが小物にみえてしまって・・・そうでもないはずだったのに。逆効果ってあるんですね(^^;)

投稿: たいむ | 2007/12/31 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/17527511

この記事へのトラックバック一覧です: 茶々-天涯の貴妃:

« 「おひとりさまの老後」 上野千鶴子 著 | トップページ | 2008 start! »