« 最近のまとめ | トップページ | WALL E »

2009/01/01

K-20 「怪人二十面相・伝」

今年は、元日からがんばってみました。観ました。

予想に反して(失礼)、楽しい映画でした。
佐藤嗣麻子 監督 の脚本は、興味深いものがありました。金城武のどことなくたどたどしい日本語の台詞もマッチしていたかも。世界観には、多少無理があるようにも感じましたが、それもこれも、比較的早い展開とカットでうまく処理されていたようにも思います。

舞台での芝居(歌舞伎など、大仕掛けの)に近い印象も。松たか子が、「舞台」チックです。
彼女が、究極の美人ではなく(失礼)、どちらかというと彼女の持つ少々あか抜けない外見の持ち味がほどよいキャスティングになっていたでしょうか。

すべてフィクション、すべてファンタジー、として味わえてしまうし、後には何も残らないのですが、なんとなく、すっきりした気分で劇場を後に出来る映画でした。

2008年には、あまり劇場へ行けませんでした。今年は、がんばって行きます!
良い映画を公開されることを期待しています。昨年は、不作だったようにも思います。
思いっきり「観たい」、万難を排して「観たい」と思える映画が、とても少なかったのです。

|

« 最近のまとめ | トップページ | WALL E »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46265/43606438

この記事へのトラックバック一覧です: K-20 「怪人二十面相・伝」:

» 「K-20(TWENTY)怪人二十面相・伝」二十面相の正体を知った先にみた悪と正義の二十面相対決 [オールマイティにコメンテート]
「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」は第2次世界大戦が起こらなかったという想定で描かれた帝都を舞台に華族だけを狙う怪人二十面相を追う名探偵明智小五郎が怪人二十面相と間違えられたサーカス芸人を捕まえた事でサーカス芸人が自分の無実を証明するために怪人二十面相を...... [続きを読む]

受信: 2009/01/02 09:59

» 『 K-20怪人二十面相・伝』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「K-20怪人二十面相・伝」□監督・脚本 佐藤嗣麻子 □原作 北村 想(「怪人二十面相・伝」小学館刊)□キャスト 金城 武、松たか子、仲村トオル、國村 隼、高島礼子、本郷奏多、今井悠貴、益岡 徹、鹿賀丈史■鑑賞日 12月21日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> いやいや期待していなかったこともあるけど、肩の力を抜いて楽しめる、なんだかあちこちのアクション映画をパクッて来て、それでいてなんか懐かしいアクション且つサスペンス且つ... [続きを読む]

受信: 2009/01/04 20:26

» 金城版カリオストロ?!~K-20 怪人二十面相・伝~ [ペパーミントの魔術師]
今年最後の鑑賞となったのはコレ。 実は21日には見に行ったんですが、前記事のとおり 家んなか大変なことになってしまって 更新遅れました。 第二次世界大戦が回避できた日本の もしもワールドで、 怪人二十面相と明智小五郎の対決を え、そんな展開にしちゃうの?!っ..... [続きを読む]

受信: 2009/01/05 02:32

» 「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」映画感想 [Wilderlandwandar]
年末見逃した作品を映画の日で鑑賞(その2)は「K-20 怪人二十面相・伝」です。指輪友の鳥エルフさんから熱烈にお薦め頂き [続きを読む]

受信: 2009/01/06 23:45

» 映画:K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 [よしなしごと]
 K-20 怪人二十面相・伝を観てきましたが、記事にするのが相変わらず遅くなっちゃいました。 [続きを読む]

受信: 2009/01/28 18:06

« 最近のまとめ | トップページ | WALL E »