« TOHOシネマズ 1か月フリーパス | トップページ | BANDAGE »

2010/01/10

AVATER (3Dの功罪?)

Wallpaper_06_800x600_2 昨年12月23日に公開されてから、ややしばらくして3Dで観賞した。
3D映画は、TDLの「キャプテンEO」以来。どんなだったかもすっかり忘れていた。

が、しかし、観賞した劇場の専用メガネは、ごつくて重たかった。
映像も暗い。外しても観られるか? と試してみたが、やっぱり無理だった。
でも、外すと映像がとても明るい。


…という具合で、映画そのものに集中できない。

ストーリーは至って単純明快。思い切り体育系。ある種「おとぎ話」。
映像の緻密さ、構成の巧みさに長い映画と感じさせない。

アメリカ建国のトラウマ?
ナヴィの姿が、アメリカ先住民族のイメージに被る。ヘアスタイル、身につけている装飾品。
輪になって会合、唱和する人々(人?)。

このストーリーによって、アメリカはトラウマから解放される?
問答無用で殺戮するのは、企業グループの方だったりする。

それでも、なぜか、この作品が気に入ってしまって、2Dで更に2回ほど観た。

|

« TOHOシネマズ 1か月フリーパス | トップページ | BANDAGE »

「映画・テレビ」カテゴリの記事