« 今度は愛妻家 | トップページ | サロゲート »

2010/01/26

Dr.パルナサスの鏡

観た。シュールレアリズムの絵画の方が、より深淵なものを思わせる。
ダリの「燃えるジラフ」。 溶けている時計(「記憶の固執」)。
キリコの「街の神秘と不安」、その中の少女。

宗教のない自分。

|

« 今度は愛妻家 | トップページ | サロゲート »

「映画・テレビ」カテゴリの記事