« 2010年8月 | トップページ | 2012年11月 »

2011/09/20

探偵はBARにいる

何処が見所なのか、さっぱりわからなかったが、まあ、こんなもんでしょうか。
酷くはないけど、良くもない。シリアスとお笑いのタイミングが、どうにもアウトテンポ。

残酷なシーンでも、シリアスになりきれず、
お笑いシーンでも、笑いきれない。

ちっとも、熱くならなかったり、おかしくなかったりする。
新しい価値観?

続きを読む "探偵はBARにいる"

|

世界侵略:ロサンゼルス決戦

西部劇の代わりにこういう映画が作られるようになったのか?
ハンディカメラのグラグラする画面にいささかフラフラしたが、テンポが早かったので、
ダラダラにならずにすんだよう。

侵略する側が、非侵略側を「必ず殲滅」しようとする、という判断は、
アメリカ人としては、当然。自らをネイティブアメリカンになぞらえることはなくても、
そういう意識は、もとからお持ちのようで。

続きを読む "世界侵略:ロサンゼルス決戦"

|

2011/09/09

ONE LIFE

人間の思考上で都合のよい動物の見方だと思う。感動? しないな。

撮影の努力は認めるが、お仕着せの概念がベースにあるような気がしてならない。
ドキュメンタリーには作為があるんだと理解しなくちゃいけない。

そもそも動物に「愛情」を自覚できるのか? 共食いや子どもを食す動物だっているのだから。ある一面だけを強調するのはどうかと思う。

続きを読む "ONE LIFE"

|

日輪の遺産

|

« 2010年8月 | トップページ | 2012年11月 »