« 日輪の遺産 | トップページ | 世界侵略:ロサンゼルス決戦 »

2011/09/09

ONE LIFE

人間の思考上で都合のよい動物の見方だと思う。感動? しないな。

撮影の努力は認めるが、お仕着せの概念がベースにあるような気がしてならない。
ドキュメンタリーには作為があるんだと理解しなくちゃいけない。

そもそも動物に「愛情」を自覚できるのか? 共食いや子どもを食す動物だっているのだから。ある一面だけを強調するのはどうかと思う。

そろそろ、こういう作品に疑問を持つ人たちが多くならなくちゃいけないんじゃないか。
これが事実だとしても、これだけが事実じゃないってこと。

|

« 日輪の遺産 | トップページ | 世界侵略:ロサンゼルス決戦 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事