« 2011年9月 | トップページ

2012/11/12

009 RE: CYBORG

2Dの制作は、たいへんだ。視点の位置が少し変わっただけで、すべて描き直しになる。
3Dは、一旦精密に作成されてさえいれば、バーチャルだろうが、リアルな物体のように回転させたり、光の当て方を変化させたり、PANしたり、自由自在にできるし、ズームも自在。ってことは、すごいことだと思う。
実際、2Dでいろいろ描いた経験からすれば、意識してパースをつけずに描くのさえ、注文が多いとたいへんだ。

続きを読む "009 RE: CYBORG"

|

« 2011年9月 | トップページ