2007/02/12

交響曲第3番(ブラームス)

オーディオ、クラシック音楽など、幅広い趣味をお持ちの 小林二郎さん のご厚意で、
「ロマン派の夕べ」(リテ管弦楽団 第8回定期演奏会)に臨場することができた。

音の重み、幅の広さが、五感に直接届く、というすばらしさ。

コンダクタの動きで、撹拌される空気と時間。
弦楽器の弦が、演奏者の意思を受け取って弾かれ、震える。その震動が伝わる。
管楽器は、演奏者の繊細な息遣いを受け止め、あたりの空気を色彩に変える。

続きを読む "交響曲第3番(ブラームス)"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/06/01

Shine On You Crazy Diamond

Wishyouwerehereあろうことか、忘れていた。
『隠された記憶』を観に行った時、予告として流れた『夜よ、こんにちは』の音楽。

これをアルバムで持っている! そう確信して、自宅で探すも見つからなかった。変だな…。

解決。探していたのは、CDばかりだったからだ。オリジナルのアルバムが、発売されたのと同時に購入したLPレコードだったなんて、ここでも「思い込み」のすさまじいのを改めて反省する。

こうした曲が、時代を超えて「映画」でも使われる、しかも、とても印象的。嬉しくなる。

| | コメント (0)

2006/04/29

音楽バトン♪

ミチさんのところから、いただいてきたバトン。(いつだっけ?)
いざ、考えると1000枚を超える音楽CDをとっかえひっかえ、もう一度聴き直すはめになっちゃった(^^;)。

1.このバトンをくれた人を曲に例えると?

ミチさんは、明るくてポップな曲が似合いそうだけど、
自分としては、エルトン・ジョンの「Your Song」、最後のフレーズをプレゼントしたいな。

Anyway the thing is, what I really mean
Yours are the sweetest eyes I've ever seen.

2.自分を曲に例えるなら?

青春時代は、ユーミンの「Destiny」 = 肝心な時にいつも「最悪」だった青春時代。
今は、サンボマスターの「歌声よおこれ」…え? (爆)

3.車の渋滞にハマってしまった時に聴きたい曲は?

最近は、運転しなくなっているけど、渋滞してもいらいらしなくなったな。
聴くとしたらボン・ジョビの「Bounce」を音量大で。

4.恋が成就しなかった夜に聴きたい曲は?

豊島たづみの「とまどいトワイライト」→カラオケ?
知らない人多いだろうなぁ…<自分がカラオケ行くと、必ず歌う(^^;)。
もっとも、「恋」はどんなものだったかも忘れかけているし、
「恋」が成就したためしがないので、この歌好きなのかも。。。

5.仕事や学校の帰りに電車の中で癒してくれる曲は?

デオダートの「亡き王女のためのパヴァーヌ」(原曲は、ラヴェル)

6.ビルの合間を駆け抜ける時に聴きたい曲は?

チック・コリアの「リターン・トゥ・フォーエバー」

7.真夏のビーチに着いてすぐ聴きたい曲は?

真夏のビーチには、行かないと思う(泳げないし…)けど、まあ、夏の海岸なら、夕暮れ時がいいな。
ガトー・バルビエリの演奏で「ラスト・タンゴ・イン・パリ」

8.片想いに苦しむ夜に聴きたい曲は?

そんな時もあったなぁ。でも、今は、「気持ちの良い、自由な孤独」がいいな、と思う。
ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18」

9.大切な友達と喧嘩した後に聴きたい曲は?

大切な友達とケンカすることはない。きっぱり。意見を言い合うことはあっても、ケンカはしない。
本気でケンカしちゃうのは、納得いかない相手だけ。そもそもケンカするような相手とは友達にならない。
相手も「ごめんだ!」と言うと思う。(爆)

でも、まあ…。
ピンク・フロイド「Dark Side of The Moon」のアルバム全体

10. 次回に回す5人を曲に例えると?

バトンは、ここでおしまいです。貰っても良い、という方、いらしたらコメントしてくださいね。

| | コメント (10)

2005/10/28

LAND OF PLENTY(sound track)

landofplentyCD『ランド・オブ・プレンティ』のサウンド・トラック。映画を観て、この映画が気に入った方なら、お勧めです。

レナード・コーエンは、今年71歳になるとか。2001年のアルバム「Ten New Songs」に収録されている曲が『The Land of Planty』。撮影中、ずっとこのアルバムを聴き続けていたというヴェンダース監督は、この曲を主題曲とし、映画のタイトルとして使ったということです。(パンフレットより一部抜粋)

すごく気に入ってしまいました。聴いていると、ぼろぼろ泣けてしまうのです…。どうしてか、よくわからないけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/10/04

ギター

guiterこれで時間つぶしをします。数十年ぶりに新規購入。コード、どれだけ覚えてるか、とても不安。まあ、ぼちぼち教則本でも見直しますか。。。高校生の時、お小遣いで買ったガットギター(9800円だった)から思えば、贅沢品です。

ちょっと伴奏つけて歌のメロディを確認したい…ということが、ときどきあるのですが、キーボードをセッティングするのが面倒なんです。(しっかり片づけてあるし…)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2005/10/03

REIRA starring YUNA ITO

ito_yuna買ってきました! どうしても気になって。シングルCDを購入することは、まずないのですが、彼女のアルバムは出てないみたいなので。

『NANA』のサントラ盤には、DVDのおまけまでついてるようですが、挿入歌がきちんと最後まで録音されていないらしいのですね。

こちらの方が気になってしかたありませんでした。流ちょうな英語は、なるほど納得の米国籍。日本は、2つの国籍を許していないし、米国籍取得するのは結構たいへんだから、このまま(国籍)行くのかなぁ。

インタビューの映像を観ると、なるほど納得の「不思議な雰囲気の日本語」でお話しされてました。文字にしちゃえば、わからんて…。宇○田○カルさんとこれほど扱いが異なるのは、やっぱり業界における親の後光の在り方が違うからか、さもなくば曲を自作する、しないという違いか…。声量もそこそこあるようなので、体力つけて頑張っていただきたいデス。(いかんせん、スレンダーなボディの歌手の方は、みなさん息が続かないような気がします。最後まで声が伸びてないと感じます。もちろん、腹式呼吸で発声法の訓練なさってらっしゃるとは思うのですが、おかしいなー。専門家じゃないから、単純に感じたままです)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/09/08

DEODATO 2

deodato2ブログをみた、という友人に「毎日映画観てるのか?」って言われてしまった。ち、違うのに。。。

んで、本日は、最近購入したCDなどについて。

もちろん、LP盤を持っていたんだけど、どこかへ紛失。
デオダートは、このアルバムのひとつまえ「Prelude」もしっかり保持。
(↑「Also Sprach Zarathustra」が収録されているアルバム。)

当時、CTIレーベルって、純粋な(?)JAZZファンからは、敬遠されてたような気もするが、メロディアスな雰囲気とデオダートが根底に持つラテンの風味が、自分は好き。
デオダートの公式ページ
http://www.eumirdeodato.com/ed/dtct_true.php

曲想は、公式ページのイントロでもかかるので、雰囲気はつかめる。
写真みたけど、年取ったな。無理ないけど。がんばっていてくれて、嬉しい!

写真のアルバムは、guitar JHON TROPEA / bass STANLY CLARKE / drums BILLY COBHAM
ホーンセクションで聞こえる「パツラ」のハイトーンは、メイナード・ファーガソンっぽいよ。>そういや、ビル・チェイスは、メイナードの教え子だとか…。話、逸れまくり。。。

■ジャンルばらばらだけど、最近購入したCDリスト
・FOGHAT >>FOOL FOR THE CITY
・BOBBY CALDWELL >>PERFECT ISLAND NIGHTS
・ROBIN TROWER >> BRIDGE OF SIGHS
・LARRY CARLTON >>ALONE/BUT NEVER ALONE
・RAY BRYANT >> SLOW FREIGHT
・SONNY ROLLINS >>ALFIE
・JAMIROQUAI >>dyamite (これだけ超最新アルバム)

少し前になるが、アジカンの最新アルバムも購入済み。ミスチルの最新は、もうじき発売?
モーツァルトの『フィガロの結婚』のCDは、どれを買ったらいいのだろう。
実に一貫性のない、ばらんばらんな好みだな。>我ながら…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/06/25

Musical Baton(律儀のなせる技)

Musical Baton というのが、巷間に流れているようです。源泉が、どこで、だれで、目的はなんなのか、よくわからないのですが、「音楽」についてなら、嫌いじゃないので。ただし、ここからのリンク(TB)は、送らないでおきましょう。

Q1. Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

●Macintosh 環境だけでも10Gくらいはあると思う。
 i-Book にもPower Book にも別々にいろいろ入っている。
 i-Pod は、5Gと20Gの二台。あとShuffle。
 Windows にも入ってる。MPプレイヤーは、
 パナソニックのSDカード対応のを購入してる。
 だけど、DLして購入した曲は、全くなくて、自分で購入したCDからの曲だけ。

 通常は、BOSE のちっちゃいスピーカーで。
 たまにHarman /Kardon のUSBスピーカーで。

Q2. Song playing right now (今聞いている曲)

●アジアン・カンフー・ジェネレーション『海岸通り』
 なぜか、この曲がすごく好き。

Q3. The last CD I bought (最後に買った CD)

●(最後ではなく、ごく最近買ったCD) Herbie Hancock [The New Standard]

Q4. Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)

●Pink Floyd [The Great Gid in the Sky] in The Dark side of the Moon
 有名すぎるアルバムだにゃ。

●Chick Corea [Return To Forever] in return to forever
 これも伝説だな。

●Soulhead [空] in Oh My Sister
 北海道(札幌)出身の姉妹デュオ。ハーモナイズとソウル感がすごいよ。
 日本人ではないみたい。

●DEODATO [Also Sprach ZARATHUATRA(2001)] in DEODATO/PRELUDE
 デオダートって、しらない人も多い時代になったかも。
 他にもCTIレーベルのレコード買いあさりました。(当時)

●Kenny Drew & Niels-Henning Orsted Pedersen [Wave] in DUO
 ピアノとベースだけのデュオ。一人暮らしの部屋で、これ聴きながら卒論書きました。

殆ど、高校、大学時代の思い出の曲ばかりだにゃ~。
Soulhead だけ、日本です。彼女たち、すごいと思った。ライブがあったら行ってみたい。
ロックもクラシックもJ-POPも、歌謡曲だってあるんだけど、
いざとなるとこういうのに傾向するみたいデス。(汗)
CDは、息子とも共有しているので、ものすごい数になってマス。整理しなくちゃ…。

Q5. Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)

バトンを受けとってもいいよ、という方は、コメント入れてくださいね。(^^;)

| | コメント (11) | トラックバック (1)

2005/06/12

GLORIA ESTEFAN

gloriaestefanグロリア・エステファンが好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/01/24

サンボマスター

最近、日本のロックもずいぶんいろいろあって、難しい。(自分には)
映画を観て、気に入ったので「月に咲く花のようになるの」という曲が
入ったアルバムの発売を待っていた。(基本的にシングルは買わない主義)
その間に、ネットで試聴した別の曲も「!」だったので、嬉しくなった。

アルバムを購入して正解! これはとてもいい!
若い人たちが、ライブ会場でオールスタンディング、わんわんした中で
エキサイトするのがよくわかる。
メロディーラインが、ユニークだ。歌詞もいい! よくわかる(つもり)。
おばさんだって、こういう曲好き(変わり者?)なのだ。
(忌野清志郎系かな~とも感じる)

見てくれにこだわらない(失礼)彼らの自然なスタイルも気に入っている。
熱くて、純だ。 しばらくは、これを聴く。

♪月に咲く花のようになるの~♪
(注:これは、中島なんとかのような美人歌手が、歌ったのではちっともよくない、
   彼らだからいい! ベストマッチ! あのシャウト感がいいんだな~)

へこんだときには、これを聴くと「よっしゃー! 元気だすぞ」という気持ちになる。
感謝!>サンボマスターの諸氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)